• Kosuke Tsubota

韓国のヘルスケア LG電子の医療AIなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

韓国のスタートアップ、医療支援のBlpusLabが韓国中小企業庁「韓国グローバル市場型創薬R&D事業」で5億ウォン調達しているのは、ヘルスケアニュースの人間として気になっています。金額の感覚としては、瞑想アプリ Maeum Sueop がプレシリーズAで7800万円資金調達したものと比較してみないとウォンと円で金額の感覚が違うので、感覚修正が必要ですよね。


1)デジタルヘルスのアイディアソン

2)中日 ヘルスケア交流

3)LG電子 AI診断医療機器の披露

4)AI創薬インシリコメディシン 2億5500万ドル資金調達

6)韓国のスタートアップ

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)デジタルヘルスのアイディアソン

https://jp.techcrunch.com/2021/06/22/paiza-2/

ITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォーム「paiza」(パイザ)を運営するpaizaは6月21日、ITエンジニア向け転職サービス「paiza転職」において、「BNV x NCCHE NEXT医療機器開発センター デジタルヘルス スタートアップ創出アイデアソン」参加者の受付を開始した。paiza側では、将来CTOなど技術幹部を志向するITエンジニアを約10名募集しており、詳細については「スタートアップ創出アイデアソン!革新的なデジタルヘルス・医療機器を創出」で公開している。

https://paiza.jp/


2)中日 ヘルスケア交流

http://japanese.cri.cn/20210622/319da684-928c-4a08-5507-d43cb4dd846c.html

このフォーラムは中国の民間企業と日本の医療団体の共同主催によるもので、今後はシリーズ企画としての定期開催を目指し、ゲノム医療、AI分析による生活習慣の指導、低侵襲手術(身体へのダメージが少ない手術)、終末期医療など医療界の最新の動向にフォーカスし、中日の医療関係者や一般人の交流の場の構築を目指すとしています。


3)LG電子 AI診断医療機器の披露

http://m.jp.ajunews.com/view/20210622142802372


4)AI創薬インシリコメディシン 2億5500万ドル資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000075178.html

2021年6月22日、ニューヨーク/香港 –AI創薬分野で世界をけん引するインシリコ・メディシンは、世界的なプライベートエクイティのWarburg Pincusを筆頭に、総額2億5,500万ドルの資金調達したことをお知らせいたします。本シリーズCラウンドは、既存投資家であるQiming Venture Partners、Pavilion Capital、Eight Roads Ventures、 Lilly Asia Ventures、Sinovation Ventures、BOLD Capital Partners、Formic Ventures、Baidu Venturesに加え、新規投資家としてCPE、OrbiMed、Mirae Asset Capital、B Capital Group、Deerfield Management、Maison Capital、Lake Bleu Capital、President International Development Corporation、Sequoia Capital China、Sage Partnersが参加しました。日本のビジネスを加速するため、日本からはEight Roads Ventures Japanが本ラウンドに参加しています。

インシリコ・メディシンについて

インシリコ・メディシンは、ある特性をもった新規の分子構造を見出すため、深層生成モデル(deep generative models) や 強化学習(reinforcement learning)、トランスフォーマー (transformers)、その他最新の機械学習技術を取り入れた人工知能を開発しています。また、生物学的データの人工生成や創薬標的の探索、臨床試験結果予測のためのソフトウェア開発にも取り組んでいます。当社は、AIを活用した創薬サービスとソフトウェアを、Pharma.AIのプラットフォームを通じて提供すると同時に、前臨床段階の自社パイプラインを開発しています。当社は、疾患に対する新規標的の特定と、標的にあった新規化合物の生成および検証を行い、前臨床候補を18ヵ月に満たない期間で特定できることを実証しました。また、インシリコ・メディシンは2014年の設立以降、製薬およびテクノロジーを専門とする投資家から3億1,000万ドル以上を調達し、複数の業界賞を受賞しています。加えて、130以上の査読付き論文を発表、30以上の特許を申請しています。ウェブサイトはこちら:www.insilico.com


5)ビジネスや看護のケーススタディ

https://news.mynavi.jp/article/20210622-1902797/

本記事では、ビジネスや看護における「ケーススタディ」の意味と意義、具体的なケーススタディの進め方などをご紹介します。ケーススタディで何を得られるのかを理解して、より有意義に研究を行いましょう。


6)韓国のスタートアップ

https://thebridge.jp/2021/06/startup-recipe-jun-14-jun-18

6月14日~6月18日に公開された韓国スタートアップの調達は18件で、資金総額は2,821億ウォン(約275億円)に達した。

5回の閲覧0件のコメント