• Kosuke Tsubota

MICINのオンライン発熱外来・内視鏡AIメディアなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

AIメディカルが内視鏡医のために、内視鏡AIを紹介するメディアを立ち上げたのは、内視鏡AIの啓蒙活動としては、このような方法があったかと感心するものでした。ちょっとじっくりサイトから勉強させて頂きます。コロナ渦で経営破綻しそうだということで財政補助を病院協会が要請しているのは、元々赤字体質だった病院だからじゃないかと思いながらも、今まで観光業などを救っていながら医療機関は、負担を増やしておきながら救済は全くなかったかもしれない。でも、ここを救い始めると訪問看護サービスとか介護サービスとかどこまでが対象かの線引きが難しくなりますね


1)MICINオンライン発熱外来の事業検証開始

2)乳がん診断AI

3)NEC 顔認証技術で食道がんAI

4)AIと人間のインターフェース

5)医療AI市場 ​2027年に668億1197万米ドル

6)コロナ渦経営破綻 財政補助病院協会要請

7)シニア向け動画チャンネル

8)5G遠隔医療

9)内視鏡AIのためのメディア


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)MICINオンライン発熱外来の事業検証開始

https://www.agara.co.jp/article/126529

H.U.グループホールディングス株式会社(代表執行役社長:竹内 成和、本社:東京都新宿区)、および株式会社MICIN(マイシン)(代表取締役:原 聖吾、本社:東京都千代田区、以下、「MICIN」)は、H.U.グループの従業員とその家族向けに、発熱等の有症時に患者が医療機関に通院することなく、自宅にてオンライン診療及び新型コロナウイルス感染症およびインフルエンザの検査を受けることができる、「オンライン発熱外来」の事業検証を開始します。

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0527/prp_210527_2352975120.html

現在、厚生労働省のガイドラインでは、発熱等の有症時は医療機関を受診し、医師によって新型コロナウイルス感染症への感染疑いがあると判断された場合に、同感染症の検査を受けることになっています。この受診にかかる移動途中や受診する医療機関において、他人に感染させてしまう、もしくは他人から感染する可能性があります。今回の事業検証では、発熱等の有症時にオンラインで協力医療機関とつながり、医師の指導の下、患者自身により迅速抗原検査キットによる検査を適切に実施することで、通院することなく新型コロナウイルス感染症およびインフルエンザの診断が可能となります。


2)乳がん診断AI

https://aitimes.media/2021/05/27/8095/

病理診断AIを展開するイスラエル発のスタートアップ Ibex Medical Analyticsは、前立腺がんの病理診断AI「Galen Prostate」で業界をリードしてきた(過去記事)。Galenシリーズは次なる展開として、乳がん病理診断AIに取り組んでいる。


3)NEC 顔認証技術で食道がんAI

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC253B60V20C21A5000000/

NECは人工知能(AI)で食道がんの前兆を見つける医療システムを発売する。AIが食道がんのリスクが高まる病変の内視鏡画像をリアルタイムで解析し、医師による腫瘍の発見を支援する。このほど、欧州連合(EU)の販売認証である「CEマーク」を取得し、世界で初めて製品化に成功した。2021年中に欧州の医療機関などに販売する。


4)AIと人間のインターフェース

https://ascii.jp/elem/000/004/056/4056040/

現在、人工知能(AI)の技術開発に対して米中を中心として世界的に積極的な投資が行なわれ、各国は最先端の技術力を得るべく研究を進めている。日本もこうした時代の潮流に対応できるAI技術開発の体制構築が必要だ。また日本は、米中と比べてビッグデータなどを通じたAI技術の利活用において遅れを取っている感が否めない。


5)医療AI市場 ​2027年に668億1197万米ドル

https://www.value-press.com/pressrelease/272083

​株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療向け人工知能 (AI) 市場 - COVID-19の影響と世界市場の分析:2027年までの予測」(The Insight Partners)の販売を5月26日より開始いたしました。


6)コロナ渦経営破綻 財政補助病院協会要請

https://www.cbnews.jp/news/entry/20210527180417


7)シニア向け動画チャンネル

https://www.dreamnews.jp/press/0000237106/

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋 以下AOSデータ社)は、デジタル遺言アプリ「Husime.com」に関連して、シニア世代のデジタル活用を支援する動画チャンネル「Husime TV(ふしめ てぃーびー)」を開設していますが、このたび2021年5月27日、新動画『70代のスマホ挑戦 「病院検索アプリ」 デジタルって人生より難しいもんか 笑』~世界で一番デジタルを使いこなせる日本のシニアへ、企画シリーズ~を開始いたしましたのでお知らせします。


8)5G遠隔医療

https://techable.jp/archives/155263

国立大学法人神戸大学(以下、神戸大学)、国立大学法人香川大学(以下、香川大学)、日本赤十字社高知赤十字病院(以下、高知赤十字病院)、オリンパス株式会社(以下、オリンパス)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の3医療機関と2社は、モバイルを活用した遠隔医療支援を目的とし、高精細映像伝送システムを用いた4K映像による消化器内視鏡映像のリアルタイム伝送の実証実験成功を発表しました。


9)内視鏡AIのためのメディア

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000003.000049025&g=prt

内視鏡AIを開発する株式会社AIメディカルサービスが、内視鏡医向けのオンラインメディア「gastroAI online」をリリースしました。内視鏡AIの研究は近年活発に進んでおり、創業3年で40以上の医学論文を発表し、100を超える医療機関との共同研究が進んでいます。医学的な研究成果を医師がわかりやすくまとめたり、代表取締役CEOの多田智裕(医師)の創業秘話、研究中の内視鏡AIに対する医師のインタビューなどを紹介します。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000049025.html#

内視鏡AIでがん見逃しゼロを目指す株式会社AIメディカルサービス(本社:東京都豊島区、代表取締役:多田智裕 以下、当社)は、内視鏡医向けメディア「gastroAI online(https://www.ai-ms.com/online/)」をリリースしました。

18回の閲覧0件のコメント