更年期ヘルステックにベビーテックなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

フェムテックから進化している更年期ヘルステック(メノテック)に、医療×ベビーテック、各年齢毎にヘルスケアテックに名称がつけられて進化してきている感じがしますね


1)更年期ヘルス

2)規制改革会議

3)ベビーテック

4)ファストドクターのワクチン接種支援

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)更年期ヘルス

https://www.wwdjapan.com/articles/1220291

私自身が仕事を通じてフェムテックという言葉を初めて目にしたのは、17年の終わりごろ。シリコンバレーで、女性という性がもつ課題、生理や妊娠、更年期にまつわる悩みなどをテクノロジーで解決するスタートアップに、VC(ベンチャーキャピタル)やファンドがこぞって投資し始めているという情報に「すごいことが起こっている」「女性たちの生き方の選択肢が大きく広がる」と胸が躍ったのを覚えている。例えば、米国の生理日管理アプリの「グロウ(Glow)」に、スペースXやエアビーアンドビーに出資するようなファンドが出資を決めたのは、人口の約半分の女性たちの課題が不便なまま放って置かれていたことと、そのビジネスポテンシャルに気づいたからだ。同時に女性たち自身も、羞恥心や我慢すべきという思い込みから解き放たれ、オープンに声をあげていいこと、解決法があることを心から歓迎し、フェムテック関連スタートアップは順調に顧客を増やしてきた。


2)規制改革会議

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA105UD0Q1A610C2000000/

オンライン診療は新型コロナが収束した後も恒久化する。初診は過去に受診歴のある「かかりつけ医」を原則とする。健康診断の結果や他の医療機関での診療記録が得られる場合など、一定の条件下でかかりつけ医がいない人も容認する。


3)ベビーテック

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000077866.html

小児の時間外の急な病気の際の健康相談・診療支援サービス『キッズドクター』を展開する株式会社ノーススター(本社 : 東京都中央区、代表 : 田北 浩大)は、2021年6月10日(木)~7月9日(金)にアカチャンホンポTOC店(東京都品川区)にて開催される、ショールーム型の展示会「BabyTech TOUCH」に出展します。

【キッズドクター概要】 キッズドクターは、お子様の健康で悩んでいるママやパパへ「医師や看護師に気軽に相談できる安心」を届けるために生まれたサービスです。 平日夜間や休日の病院が開いていない時間のお子様の急な体調不良の際に、看護師による『チャット健康相談』や、スマホで医師の診察が受けられる『オンライン診療』、自宅に医師が来てくれる『往診』サービスなどを展開しています。 ※『オンライン診療』『往診』等の診療行為は、提携の医療機関により提供されるサービスとなります。

【医療 x BabyTech】

平日夜間や休日の病院が開いていない時間にお子様が体調を崩される、というシーンは親御さんであれば一度は経験したことがあると思いますが、キッズドクターではこうした親御さんの悩みを、テクノロジーで解決することに挑戦していきたいと考えています。

例えば、お子様の急な発熱の際、これまでは救急病院に連れて行くしか選択肢がなかったところ、キッズドクターでは、看護師によるチャット健康相談や、提携医師によるオンライン診療という形で、自宅にいながらにしてスマホで気軽に相談できる窓口を用意しております。これにより、親御さんやお子様の精神的・身体的ご負担を軽減すると共に、救急病院における院内感染防止などにも一役買っています。

■社名 : 株式会社ノーススター https://nstr.co.jp/

■所在地:〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-15ザ・パークレックス日本橋馬喰町5階

■代表者:田北 浩大

■設立:2021年1月28日

■事業内容:インターネットを利用した医療・ヘルスケア関連サービスの提供


4)ファストドクターのワクチン接種支援

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000031533.html

全国で1,020名の医師が参画する時間外救急プラットフォーム「ファストドクター」を運営するファストドクター株式会社(東京都新宿区、代表取締役・医師:菊池 亮、代表取締役:水野 敬志)は、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を開始する政府発表に伴い、2021年6月21日(月)から職域ワクチン接種を行う企業対して、ファストドクター提携医療機関との連携および接種体制確保の支援の申し込み受付を開始したことをお知らせします。 【ファストドクター株式会社】

ファストドクター株式会社は、患者と医療機関をつなぐ時間外救急プラットフォーム「ファストドクター」を提供している。2040年に向けて高齢者人口が増加する都市部(東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・兵庫・京都・奈良・福岡)を中心に、救急相談・救急オンライン診療・救急往診・フォローアップといった、自宅に居ながら安心して診療が受けられる環境を実現し、通院が難しい患者の救急受診を支援している。さらに、地域の医療機関との連携で、時間外のかかりつけ医機能の強化や、患者のかかり方の適正化を推進している。

=

ファストドクターについては、下記をご参考ください。

「ファストドクターが目指す未来」


=

所在地:〒160-0014 東京都新宿区内藤町1-110 ガーデンクロス新宿御苑3F

設立:2016年8月

代表者:菊池 亮(医師)・水野 敬志

URL:http://fastdoctor.co.jp/

20回の閲覧0件のコメント