【フェムテック】メンテック・乳がん治療ブラジャーなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのフェムテックニュースです。

乳がん治療ブラジャーなどありそうでなかったものが、フェムテック市場が出来上がったことによってどんどん出てきましたね。またフェムテックがあるならば、男性のメールテックが出てくると言っていましたが、メンテックという表現で登場してきましたね。フェムテックデバイスやフェムテックの部分でも更年期のメノテック関係が一番価値が出てきそうと思っていますが、その分野はまだまだ未開の地のようですね。


1)生理に関する男性調査

2)乳がん治療ブラジャー

3)任よう性チェックデバイスkegg

4)フェムテックブランドNagi 女性起業家大賞受賞

5)女性の性調査 モアレポート

6)フェムテックとメンテック

7)日本美容外科学会と自費研の提携

8)オンライン更年期外来


1)生理に関する男性調査

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000986.000002943.html

(株)エムティーアイが運営する、ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』では、定期的にサービス内で様々な意識調査を行っています。

 多くのユーザーから回答が寄せられ、生理やカラダに関する内容をはじめ、ほかでは聞けない女性の悩みや本音が明らかになっています。

 今回は番外編として、『ルナルナ』としては初となる男性に実施した「生理に関する男性の意識調査」をお届けします。近年、日本でもフェムテック市場が広がりを見せるなど、生理をはじめ女性特有の健康課題に対して、注目される機会が多くなっていると感じます。そのようななかで、男性は生理についてどのくらい理解をしているのか、既婚や子どもの有無、パートナーの有無などライフステージ別による違いも調査しました。

2)乳がん治療ブラジャー

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000044143.html

乳がん患者向けブラジャーの企画・開発を手掛けるアボワールインターナショナル株式会社(所在地:京都市下京区 代表取締役:中村 真由美)は、乳がんの治療と整容性に関する学会「一般社団法人日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会」が9月16日(木)・17日(金)に開催する第9回総会にて、当社の乳房再建ブラジャーが取り上げられることをお知らせします。


3)任よう性チェックデバイスkegg

https://thebridge.jp/2021/09/fertility-startup-kegg-scores-another-3-million-seed-funding-pickupnews

重要なポイント:妊活のためのデバイスを販売するスタートアップ kegg は2021年9月1日、300万米ドルのシード資金調達を発表した。Crescent Ridge Partnersがリードし、SOSV、Texas Halo Fund、Althea Capital Fund、Ad Astra Ventures、Viento Ventures、その他のエンジェル投資家が参加した。


4)フェムテックブランドNagi 女性起業家大賞受賞

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000031365.html

フェムテックブランド Nagi (ナギ)を運営するBLAST Inc.の代表取締役 石井リナが全国商工会議所女性会連合会が選ぶ「女性起業家大賞」のスタートアップ部門にて、優秀賞を受賞しました。

BLAST Inc.は“女性をエンパワーメントする”をミッションに掲げた、WOMEN EMPOWERMENT COMPANYです。メディアとプロダクト、コミュニティの3軸の事業で女性のライフスタイルをエンパワーします。


社名:株式会社BLAST

代表者:代表取締役 石井リナ

所在地:東京都渋谷区代々木5丁目7-5 PORTAL POINT YOYOGIKOEN 601

設立日:2018年1月11日

コーポレートサイト:https://www.blastinc.online/


5)女性の性調査 モアレポート

https://more.hpplus.jp/love/morereport/70910/1/

1980年、今から約40年前。女性の「性」にまつわる大規模アンケート調査「モア・リポート」が誕生。2017年までに延べ1万2千人を超える女性たちの「性」を見つめてきました。そして、MeToo運動やフェムテックの進化、コロナ禍の今——。最新版「モア・リポート」をお届けします!

https://more.hpplus.jp/love/morereport/70909/1/

※全国の20〜34歳女性500名(平均27.3歳)に、インターネットによるアンケート調査、またはオンラインでの直接取材を実施。性に関する意識や実際の性体験など、択一式および記述式で回答


6)フェムテックとメンテック

https://www.mashingup.jp/2021/09/238578_wwu2021_oopsbody.html

身体や性に関する悩みは、他人に相談しづらいと感じる人が非常に多い。孤独や自尊心の低下を感じやすいことも、身体や性の悩みをより深刻で苦しいものにしている。しかし近年フェムテック産業が急成長を遂げ、世の中の流れが少しずつ変わり始めている。


7)日本美容外科学会と自費研の提携

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000078206.html

「自費研株式会社」は、第110回日本美容外科学会の成功のため、自費研プラットフォームを活用し、大会の告知と成功に貢献するための包括的提携を行ってまいります。その第一弾として、『自費研フェスティバル2021』プログラムセミナーに田中亜希子先生のご登壇が決定いたしました。自費研会員へむけ、最新の美容医療の提供、自費診療にかかわる医療従事者、医療関係者等へ健全な美容医療の発展と貢献をもたらしてまいります。


8)オンライン更年期外来

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000017725.html

株式会社カラダメディカ(以下、「当社」)は、当社の運営する産婦人科向けオンライン診療システム『ルナルナ オンライン診療』※1を活用し、丸紅株式会社(以下、「丸紅」)と共同開発した「オンライン更年期外来プログラム」の実証を、株式会社エムティーアイ(以下、「エムティーアイ」)と丸紅にて10月1日(金)より開始します。

 本プログラムの実証開始に先立ち、9月10日(金)にFEMCATIONセミナー「産婦人科医による更年期講座」をエムティーアイと丸紅合同でオンラインにて開催します。両社の全社員向けに実施することで、更年期症状に悩む働く女性のカラダやココロの変化について学び、会社全体で働きやすい職場づくりに貢献します。




26回の閲覧0件のコメント