• Kosuke Tsubota

【資金調達】mmhmmンーフー1億ドル・SPAC上場急減速などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

テレビの天気予報のようなプレゼンテーションとビデオを自由に組み合わせができるビデオ会議システムmmhmmが1億ドル資金調達しましたね!Google meetにZoom、Teamsいろいろとビデオ会議のシステムはありますが、mmhmmが大きくなるのは、他のものにはないワクワク感覚がありますね。また、SPAC上場の普及ってどこかで減速すると思っていたのですが、突然の減速ですね。日本での解禁の前に、市場がなくなるというような状況になってしまいそうな気配。。。


1)mmhmmムーフーが1億ドル資金調達

2)神戸市と500Startupsのスタートアップ育成 2021年100社に

3)米国SPAC上場急減速

4)社債活用

5)ユーザーの同意管理Didomi 資金調達

6)クリーンエネ投資

7)ロビンフッドのIPO

8)セキュリティプラットフォーム Netskope資金調達

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)mmhmmムーフーが1億ドル資金調達

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1337152.html

Evernoteの創業者、フィル・リービン氏が率いる「All Turtles」は、シリーズBラウンドで、ソフトバンク・ビジョン・ファンドを中心とした投資家から1億ドルの資金調達に成功した。同社は、ビデオ会議用ツール「mmhmm」(日本語読み:ンーフー)の開発に取り組んでいる。同アプリはZoom、Webex、YouTube、Google Meetなどで配信するビデオストリーミング用のプレゼンテーション加工ツール。


2)神戸市と500Startupsのスタートアップ育成 2021年100社に

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b26d9bf8f97198f502a15248747e42e1f1a21b4

神戸市は7月9日、米国のベンチャーキャピタル「500 Startups」と2016年から続けているスタートアップ育成プログラムについて、2021年は「500 Founder Academy」と題し、毎回20社前後としている参加者枠を100社に拡大して開催することを発表した。


3)米国SPAC上場急減速

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73770020Q1A710C2EA1000/

米国で特別買収目的会社(SPAC)のIPO(新規株式公開)が急減速している。2021年4~6月の資金調達額は127億ドル(約1兆4千億円)と1~3月から86%の大幅減となった。米当局が投資家保護などの観点から監視を強めた影響が大きく、過熱感も指摘されたSPACのIPOは一気にしぼんだ。


4)社債活用

https://www.shibukei.com/release/79508/

Siiibo証券株式会社(シーボ、所在地:東京都中央区、代表取締役:小村和輝)は、投資家自ら興味のある企業へ希望条件を入力できる「希望条件入力機能」を提供開始したことをお知らせいたします。

社名: Siiibo証券株式会社(英文表記: Siiibo Securities Co., Ltd.)

※株式会社Siiiboは、2021年8月1日より商号を「Siiibo証券株式会社」に変更いたします

所在地: 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-14-4 八丁堀サード7階

設立: 2019年1月11日

資本金: 434,754,828円(資本準備金含む)

URL: https://siiibo.com

代表取締役: 小村 和輝


5)ユーザーの同意管理Didomi 資金調達

https://jp.techcrunch.com/2021/07/10/2021-07-09-didomi-raises-40-million-to-help-you-manage-customer-consent/

フランスのDidomiは、ウェブのパブリッシャーやアプリの開発者に代わって同意のフロー(コンセントフロー)を管理する。同社はこのほど、ElephantとBreegaがリードするシリーズBのラウンドで4000万ドル(約44億円)を調達した。Didomiはヨーロッパではすでに好調で、毎月数十億件もの、同意のための対話を処理している。同社は今回得られた資金により、米国進出を計画している。


6)クリーンエネ投資

https://jp.reuters.com/article/clean-energy-employment-idJPKCN2EF0CI

現在英国で資金調達を準備している事業は、主に太陽光・風力発電のプロジェクト540件で、約43万9000人の雇用を生み出す可能性があるという。さらに、電力貯蔵、変電、送電部門を加えると、見込まれる総雇用数は62万5000人に達する可能性がある、とリポートは試算している。ECFは、これが実現すれば、コロナ禍で失われた雇用の90%を取り戻せるとしている。


7)ロビンフッドのIPO

https://news.yahoo.co.jp/articles/c956ec39b4bd8d7edafca74132718daffd5b95a3

手数料無料の株式取引のパイオニアとして知られる投資アプリロビンフッド」は7月1日、IPOを申請し、2020年の総収入が前年比245%増の9億5900万ドル(約105億円)だったことを明らかにした。


8)セキュリティプラットフォーム Netskope資金調達

https://jp.techcrunch.com/2021/07/10/2021-07-09-cloud-security-platform-netskope-boosts-valuation-to-7-5b-following-300m-raise/

Secure Access Service Edge(SASE)アーキテクチャをベースとするクラウドセキュリティ企業Netskopeが米国時間7月9日に、投資前評価額75億ドル(約8260億円)で3億ドル(約330億円)を調達したことを発表した。



9回の閲覧0件のコメント