エピグノのM3グループから2.5億円資金調達・小児科の経営難などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

小児科クリニックの経営相談がきた関係で、最近の小児科の経営難のニュースや科学的介護LIFEのニュースなどなど最近自分が関与したり使ったりした情報をまとめました。


1)エピグノがエムスリーグループから2.5億円資金調達

2)科学的介護LIFE支援

3)マッスルスーツにオプションパーツ

4)小児科が経営難

5)フィジオロガスが透析治療を変える

6)筋肉痛の危険

7)医学部受験予備校の刷新

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)エピグノがエムスリーグループから2.5億円資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000054745.html

株式会社エピグノ(本社:東京都港区、代表取締役:乾 文良、以下「エピグノ」)は、エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格、以下「エムスリー」)とエムスリーキャリア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:沼倉 敏樹、以下「エムスリーキャリア」)を引受先とする第三者割当増資により、総額2億5000万円の資金調達を完了したことをお知らせします。今回の資金調達により、累計調達額は3億6500万円となりました。

商号  : 株式会社エピグノ

代表者 : 代表取締役社長CEO 乾 文良

所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木6-8-10 STEP六本木ビル WEST1階

設立  : 2016年9月2日

事業内容: 医療・介護機関向けマネジメントシステム、コンサルティングサービス提供

資本金 : 282,500,000円(資本剰余金含む)

URL   : https://www.epigno.jp/


2)科学的介護LIFE支援

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000057750.html

科学的介護LIFEの構想には、通所介護計画書や個別機能訓練計画書といった計画書の出力が盛り込まれていましたが、LIFEシステムには見やすい計画書の出力機能は提供されておらず、現場の事業者はLIFEと計画書と二重に入力しなければいけません。

LIFEデータを簡単に編集できる「LIFEワークシート」を無償で提供してきた国立大学法人九州工業大学発ベンチャーAUTOCAREは、LIFEワークシートに入力すれば、計画書のような帳票を自動的に作成できる「LIFE帳票作成ワークシート」を開発し、山口県のリハビリデイサービス プラスワン様に提供しました。

プラスワン様の感想とともに、「LIFE帳票作成ワークシート」の機能をご紹介します。

http://autocare.ai


3)マッスルスーツにオプションパーツ

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000041785.html

株式会社イノフィス(東京都新宿区、代表:折原 大吾、以下「イノフィス」)は、腰補助のアシストスーツ「マッスルスーツ Every(エブリィ)」のオプションパーツとして、持ち上げ作業時の腕の負担を補助する「LIFT(リフト)」を販売いたします。

https://innophys.jp/


4)小児科が経営難

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6397552?fbclid=IwAR0GHr8tZgQkDpbuMQ6noi8b1hpXeJ-6JS_K9r3rxdIe-7JECvls0NZPdeY

新型コロナウイルスの感染拡大は小児科医療にも打撃を与えた。受診控えにより患者数が激減し、閉院を決めた小児科もある。そもそも、長年続く少子化や予防医療の広がりで、受診する子どもが減っていた。地域の小児科がなくならないためにはどうすべきか。各地の小児科医の声を聞き、小児科医療の実情に迫った。(ノンフィクションライター・古川雅子/Yahoo!ニュース オリジナル 特集編集部)


5)フィジオロガスが透析治療を変える

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000081835.html

株式会社Physiologas Technologies(本社:神奈川県相模原市、以下フィジオロガス)は、グリーンコア株式会社など複数のエンジェル投資家と、ディープテック領域のシードアクセラレーターである株式会社ケイエスピーおよび同社投資ファンドを引受先とする第三者割当増資により、1.4億円のシードラウンド資金調達を完了しました。

フィジオロガスは生理活性を有するガスを医療に応用し、新たな透析治療、心筋梗塞治療に向けた必須デバイスを開発してまいります。

社名:株式会社Physiologas Technologies

事業内容:生理活性ガスを用いた医療デバイスの開発

設立:2020年3月16日

代表者:代表取締役 宮脇一嘉

所在地:〒252-0329 神奈川県相模原市南区北里1-15-1(北里大学相模原キャンパス内)

Webサイト: https://physiologas.co.jp


6)筋肉痛の危険

https://news.yahoo.co.jp/articles/c990203ac11f5193c533b3ec81f247a5fec76cdb

7月は全身の骨や軟部組織(脂肪、筋肉、神経など)から発生する悪性腫瘍、肉腫(サルコーマ)の啓発月間。一見、馴染みのない病名だが、実は誰もが発症する可能性のある病気だ。


7)医学部受験予備校の刷新

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000042400.html

「駿台予備学校」を運営する学校法人駿河台学園(本部:東京都千代田区 理事長:山﨑良子、以下「駿台」)は、「医学部予備校プロメディカス」を運営する株式会社プロメディカス(本社:東京都中央区 代表取締役社長:山畔 清明、以下「プロメディカス」)と、6月17日付けで資本業務提携し、駿台グループ・パートナーとなりましたことをお知らせいたします。


20回の閲覧0件のコメント