【看護】リアルな看護師ロボット・自治体看護予算増加などなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

夜勤中に横にあったら怖そうなぐらいリアルな看護師ロボットのグレースさんですが、グレースさんの機能だけをとってもロボットによる看護業務というものがあって、改めて看護師しかできない看護業務というものが変化してくることを実感します。

普段ドラマニュースはとりあげませんが、今回のドクターXは、パンデミック中の病院が舞台だということで気になったので取り上げました。


1)リアル看護師ロボットグレース

2)インド 看護職の地位向上活動

3)北海道 潜在看護師1日で100件登録 協力金5万円効果!

4)JAの看護師派遣

5)看護師だけじゃない 救急車のコロナ対策

6)名古屋市 看護師増で41億円補正案 看護師紹介会社予算も

7)コロナ渦のドクターX




1)リアル看護師ロボットグレース

https://www.cnn.co.jp/tech/35176328.html

(CNN) 香港に拠点を置くハンソン・ロボティクスは2016年、ロボット「ソフィア」で世界の話題をさらった。ソフィアはその後、サウジアラビアの市民権を付与されたことで有名となった。その同社が今回、最新作となる人型ロボット「グレース」を公開。医療の世界に革命を起こすことに期待を寄せている。

グレースは医師のアシスタントとして開発された。患者の体温や脈の測定に使う熱検出カメラなど、医師の診断や治療の助けとなるセンサーを複数搭載している。

患者の話し相手にもなれる。グレースの専門は高齢者のケアで、英語や標準中国語、広東語の3つの言語を駆使して交流や会話療法を行うことが可能だ。

ハンソン・ロボティクスの創業者兼最高経営責任者(CEO)、デービッド・ハンソン氏によると、グレースのようなロボットは医療の専門家に取って代わるのではなく、それを補助する存在として想定されているという。


2)インド 看護職の地位向上活動

https://www.nna.jp/news/show/2234546

インドの看護師や助産師の団体が、自らが置かれている環境や果たしている社会的役割を周知するための運動「変化のための看護師と助産師(NurseMidwife4Change)」に着手した。背景にあるのは、現状への危機感だ。PTI通信が伝えた。 関係者らによると、イン


3)北海道 潜在看護師1日で100件登録 協力金5万円効果!

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFC072WE0X00C21A9000000/

北海道が6日から始めた新型コロナウイルス患者の宿泊療養施設に勤務する看護師募集について、初日に100件程度の問い合わせがあったことが分かった。北海道新型コロナウイルス感染症対策本部指揮室は「反響の大きさに驚いている」といい、新たに設けた登録協力金5万円が効いたようだ。


4)JAの看護師派遣

https://www.jacom.or.jp/noukyo/news/2021/09/210907-53743.php

各厚生連に看護師の派遣を募ったところ、東京都にはJA北海道厚生連の旭川厚生病院から2名の看護師を派遣することが決まった。派遣期間は9月6日~17日の予定。


5)看護師だけじゃない 救急車のコロナ対策

https://news.yahoo.co.jp/articles/335ec090ded867ab0b8fae2e9e09633062bf91d5

新型コロナウイルス収束が依然見えない中、救急隊員は「命を守る業務」として日々、新型コロナに感染した患者と向き合っている。9月9日の「救急の日」を前にコロナ禍の救急現場最前線を取材した。


6)名古屋市 看護師増で41億円補正案 看護師紹介会社予算も

https://mainichi.jp/articles/20210907/ddl/k23/010/156000c

名古屋市は、新型コロナウイルス感染症対策として、約41億8300万円を追加する一般会計補正予算案を市議会9月定例会に提出する。看護師増のほか、児童用の情報通信ネットワーク環境整備に充てる。

 看護師らを人材派遣で59人増やし、市内全16保健センターで計150人態勢に強化。感染の急拡大を受け、不足して…


7)コロナ渦のドクターX https://www.cinemacafe.net/article/2021/09/08/74658.html

本作は、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、大門未知子(米倉さん)が新たな戦いへと身を投じていく。また、野村萬斎が未知子にとって最強の敵となる内科部長・蜂須賀隆太郎を演じ参加するほか、内田有紀、勝村政信、鈴木浩介、岸部一徳、遠藤憲一、西田敏行らお馴染みメンバーも集結。






14回の閲覧0件のコメント