• Kosuke Tsubota

沖縄の看護状況など

ごきげんさまです。感つ看護師ぼです。


喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。


1)沖縄の看護状況

ー看護師要請

ー訪問看護活用

ー自宅療養状況


2)カンボジア支援ナース

3)患者にパワハラ

4)静脈注射は看護師がしていいか?

5)コミュニティナース

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


看護師要請

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC314NP0R30C21A5000000/

沖縄県の玉城デニー知事は31日の記者会見で、県外から看護師を派遣するよう全国知事会に要請したことを明らかにした。新型コロナウイルスによる入院患者や自宅療養者の増加に歯止めがかからない現状を踏まえ、50人程度の派遣を求めた。知事会への看護師の派遣要請は2020年8月に続き2回目となる。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/762687

沖縄県の玉城デニー知事は31日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大に伴う県内医療提供体制の逼迫を受け、全国知事会に対して、看護師50人の県内派遣を依頼したことを明らかにした。県の新型コロナウイルスワクチンの広域接種センターは、6月15日をめどに、沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)と県立武道館アリーナ棟(那覇市)の2カ所に設置する方針。


訪問看護活用

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1330496.html

県の糸数公医療技監は30日、これまでに県内で自宅療養中に亡くなったのは、今月15日に発表した那覇市の70代女性と、4月30日に発表した那覇市の40代男性も新たに含まれることを明らかにした。新規感染者の急増で医療がひっ迫し、病床占有率は30日現在、95.7%に上る。自宅療養者は1088人となり、高齢者や持病がある人も自宅療養せざるを得ない状況となっている。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1330606.html

県によると、自宅療養者にはパルスオキシメーター300個を高齢者と基礎疾患がある人に優先的に配布した。500個を追加で購入する予定だが、不足が想定されるため、全員に行き届いていない。療養期間が終了した人は返却するよう返信用封筒も渡しているものの、返却状況が好ましくないという。糸数技監は「感染者が増える中で、パルスオキシメーターは貴重な医療機材だ。返却の協力をお願いしたい」と訴えた。


自宅療養状況

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/762348

新型コロナウイルスの感染拡大で病床が逼迫する中、沖縄県内の自宅療養者数が30日、初めて千人を超えた。県は毎日看護師らに体調を確認させるなど療養者をサポートするが、感染者の急増に伴って、自宅療養で使う医療器具が不足する可能性も出ている。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/762347

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、自宅や高齢者施設に看護師が訪れて感染者の健康状態をチェックする訪問看護は、自宅療養者や入院調整中の患者の命を守る「最後のとりで」ともいわれる。病床逼迫(ひっぱく)が続く中、訪問看護の現場では、医療施設の負担を補いながら在宅患者に対応するため、懸命な取り組みが続いている。(社会部・玉城日向子)


2)カンボジア支援ナース

https://news.yahoo.co.jp/articles/89eea4d2c41a54bc356ec50cdd6e1832f2fdc104

明るい声でパワフルに讃岐弁を話す楠川富子さんは、退職後2度のシニア海外協力隊派遣を経て、現在はカンボジアで子どもたちの健康と教育を支援するNGO団体「うどんハウス」を立ち上げ、活動している。


3)患者にパワハラ

https://kahoku.news/articles/20210529khn000001.html

 仙台市青葉区の精神科病院「東北福祉大せんだんホスピタル」で4月、男性看護師が入院患者に不適切な行動制限をする事案があったことが28日、分かった。市は同日、精神保健福祉法に基づき改善を求める文書を病院側に通知した。

 市や病院によると、男性看護師は4月上旬、女子中学生の患者が病棟に戻ることを嫌がり置き時計を投げ付けたり大声を出したりしたため、患者を病棟に連れ戻す際に体を取り押さえた。

 関係者によると、看護師は患者の首元をつかんでいたといい、患者はその後、精神的なショックを受けて病院を離れた。


4)静脈注射は看護師がしていいか?

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/anursing/hatenurse/202105/570411.html

大学病院の外科病棟から中規模の病院に転職した看護師です。大学病院では、抗菌薬の静脈注射による定時投与は、医師を呼んで行っていました。また、患者さんの点滴が漏れたときも、留置針は医師が入れるからと、看護師が入れ直すことはありませんでした。静脈注射は医師がするものと教えられてきたのです。


5)コミュニティナース

https://www.gifu-np.co.jp/news/20210530/20210530-74256.html

岐阜市出身で筑波大医学群看護学類4年の總山(ふさやま)萌さん(22)ら看護学生3人が、地域に根差して医療に従事する「コミュニティーナース」の書籍を、全国の看護学校を回って届けるプロジェクトに挑戦している。「コロナ禍で看護業界や看護学生を取り巻く現状が激動している今こそ、将来、自分が実践したい医療や看護について考えてほしい。そのきっかけを作るために、まずは多様な働き方を知る機会を全国の学生に届けたい」と今月、インターネット上で資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示