看護師争奪 オリンピックVSコロナ

ご機嫌様です。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース、よろしくお願いいたします。


オリンピック委員会が日本看護協会に500人の看護師を求めたことに関していろいろとニュースがにぎわっていますね


地域医療への影響をかけないことを大前提にするというはなしですが、コロナワクチンで看護師が不足しているために、法律が変わって看護師の派遣が解禁されるようになって、それでも足りないので、看護師の業務を歯科医師にお願いするような状況を把握していたのでしょうか?何をいっても、弁解にしか聞こえないですね

逆にオリンピックでの救護の仕組みを看護師の免許以外の方々を活用することは難しいのでしょうか?救急救命士や理学療法士などスポーツや救急と相性がいい資格は他にありますよね


1)オリンピックへ看護師 悪影響ないように

2)丸川大臣 地域医療へ負担かけないことが大前提

3)医療体制逼迫は承知

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

1)オリンピックへ看護師 悪影響ないように

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e6de1be4e633ce207270729743d71246fe5dfa9

東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、東京都内で理事会を開き、感染症などの専門家から大会運営の新型コロナウイルス対策について助言を得る検討会議を設置することが報告された。30日に第1回会合を開き、7月開幕の本番までに4回ほど開催する予定。  検討会議は6人の専門家で構成。大会時の感染対策をまとめた「プレーブック」に基づいた対応を取る際、組織委に具体的な助言を与える。  組織委が日本看護協会に対し大会時に看護師500人の確保を依頼したことについては、理事会後の記者会見で武藤敏郎事務総長が説明。「地域医療に悪影響を与えないようにする」のを大前提とした上で、「直前になって話を受けても対応できない。時間的にゆとりがあるように前広な相談をしたということ」と述べた。


2)丸川大臣 地域医療へ負担かけないことが大前提

https://news.yahoo.co.jp/articles/5e0cc3099a3ce14c3935c693dffeba5ca90a4a81

東京オリンピック・パラリンピックの期間中に大会組織委員会が500人の看護師の派遣を要請したことについて、丸川大臣は医療現場に負荷を掛けないことが前提だと明言しました。  オリンピック・パラリンピック担当、丸川大臣:「地域医療に多大な負荷を掛けないことが大会開催の前提だと思う」  組織委員会は大会期間中、日本看護協会に約500人の看護師の派遣を要請しています。  現在、各地で看護師の不足が問題になっていて、丸川大臣は「地域医療に負担を掛けないことが前提だ」と明言しました。  一方で、政府としての医療支援を問われると、「東京都にまず明確な方向性を示してほしい。どう支援すればいいのか戸惑っている状態」と話しました。


3)医療体制逼迫は承知

https://www.nikkansports.com/sports/news/202104260000900.html

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の理事会が26日、都内で行われた。終了後に武藤敏郎事務総長(77)が会見し、大会期間中の医療人員として看護師500人の確保を日本看護協会に依頼したことを認めた。

選手村や会場の診療所などで必要な従来計画を示した上で「約500人の看護師の方々について、検討していただけないかというお願いをいたしました。大前提は地域医療に悪影響を与えないようにすること。そのために、勤務時間やシフトのあり方をよく相談しながら、最も対応可能なやり方を相談していきたいと思っております」と話した。

続けて「こういう話は、前広に(前もって)相談しないと、直前になっても対応できないということになる。最終的には、観客上限(の結論)による。その前に、対応いただく時間があるように、この段階で相談した」と説明し、国民からの批判や看護師の待遇については「医療体制の逼迫(ひっぱく)は十分に承知している。ただ、大会開催に当たってはコロナと関係なく、常に医療体制を考えなければいけない。暑さ対策への整備も必要になる。一方で、地域医療への悪影響を避けなければいけない。先ほども申し上げたが、シフトや勤務時間の相談をさせていただき、対応したい」と理解を求めていく考えを強調した。

18回の閲覧0件のコメント