看護とオリンピック/看護師は何ができる?家族介護殺人に不正などなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

看護師ボクサー津端さんの活躍のニュースを取り上げました。

4番・5番ですが、看護師は何ができるのだろうか?家族介護の辛さからくる犯罪です。特に5番目の家族介護の限界から殺人をしてしまった当事者は看護師です。看護スキルや看護に関する地域ネットワークに知識を持っている人がここまで追いつめられるわけです。逆説的に看護師だったからこそ、自分を追い詰めてしまったというようにも見えますが、コロナ渦でレスパイトケアができなくなっている現状、こちらのニュースから、臨床現場から離れますが、看護師として何ができるのか?ということは考え続けたいと思います。


1)他国よりも遠く感じる

2)看護師ボクサー 津端さん

3)イギリス 公衆衛生従事者報酬アップ

4)家族看護のための不正 看護師は何ができるか?

5)家族看護のつらさから起きた悲劇 看護師は何ができるか?

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)他国よりも遠く感じる

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/712150

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下の東京で23日に五輪が開幕し、24日には競技が本格化した。首都圏の医療機関では開会式中にも、コロナ患者の搬送が。医師は「他国でやっているよりも、遠く感じる」と漏らす。式典の夜、医療の現場を取材した。


2)看護師ボクサー 津端さん

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2021/07/25/kiji/20210725s00042000056000c.html

東京五輪の開会式冒頭に登場した看護師ボクサーの津端ありさ(28)=ライフサポートクリニック=が一夜明けた24日、都内の医院で業務に復帰した。

https://www.47news.jp/news/6562576.html

ボクシング女子ミドル級で出場を目指した看護師の津端ありさ(28)=ライフサポートクリニック=が、開会式冒頭に黙々と一人でトレーニングするアスリートとして登場した。  新型コロナウイルス禍で逼迫する

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202107230000852.html

暗闇の中で黙々とランニングマシンを駆ける。会の序盤、「看護師ボクサー」として東京五輪を目指していた女子ミドル級の津幡ありさ(28)が、走り続ける姿があった。コロナ禍でも強い気持ちで鍛錬を続け、五輪を目指すアスリートの姿を体現した。離れていても、オンラインなどでつながるイメージをダンサーとCG映像の投影で描いた。

https://www.asahi.com/articles/ASP7R56PZP7PUTQP01T.html

女子ミドル級の日本代表として、勝ち上がれば東京五輪出場権を得られる世界最終予選に臨もうとしていました。大会は今年6月の予定でした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9551e01b88a7bfd84ffb6575e17e1246824f0700

東京五輪はこの人の走りから始まった。午後8時に始まった開会式の冒頭は一人の女性がランニングマシンで走り、トレーニングに励む場面から始まる演出。白のウェアを着て走っているのが、現役看護師のボクシング選手・津端ありさ(ライフサポートクリニック)だった。

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2021/07/24/kiji/20210724s00021000451000c.html

23日に行われた東京五輪の開会式冒頭に登場し、存在感を示した“看護師”ボクサーの津端ありさ(28=ライフサポートクリニック)が24日、自身のインスタグラムのストーリー機能を使い、応援したくれた人たちへの感謝の思いを伝えた。  国立競技場の五輪のオブジェの前に立つ自身の写真に「サポートしてもらったからできた1年間。感謝の気持ちを込めて、走りました」「ありがとうございました」「そしてアスリートのみなさん頑張ってください!応援しています」などの言葉を添えた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/118824?rct=sports

ボクシング女子ミドル級で出場を目指した看護師の津端ありさ(28)=ライフサポートクリニック=が、開会式冒頭に黙々と一人でトレーニングするアスリートとして登場した。

https://kahoku.news/articles/knp2021072401000615.html

 東京五輪の開会式冒頭に登場した看護師ボクサーの津端ありさ(28)=ライフサポートクリニック=が一夜明けた24日、東京都内の医院で業務に復帰した。患者のカウンセリングの一環でボクシングを教えるなどの仕事をしながら、選手として次の五輪を目指す。


3)イギリス 公衆衛生従事者報酬アップ

https://news.yahoo.co.jp/articles/85af62668c0e039a74b11a2fd7aa2c66b3c5246a

(CNN) 英国保健省は24日までに、公衆衛生業務の従事者の報酬を3%増やすとの方針を明らかにした。新型コロナウイルスとの闘いでの貢献を評価した結果としている。


4)家族看護のための不正 看護師は何ができるか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/e697a368d95162c731f94d9990a5c942ace9250b

虚偽の情報を入力し、不正に休暇を取得したとして、千葉県警は21日、公電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、警察学校の男性副主幹(52)を書類送検し、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。男性副主幹は同日付で依願退職した。


5)家族看護のつらさから起きた飛檄 看護師は何ができるか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f0756bc1edea0397bd83ee33f6b999715a827f4

2階には息子家族が暮らし、1階には70代の両親が介護生活送っていた。その1階の部屋で、77歳になる元看護師の妻が、5歳年下の夫の介護に疲れ、包丁で30ヵ所以上もめった刺しにして殺害したのである。

16回の閲覧0件のコメント