ルナルナオンライン診療から妊活相談へ進化

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

ルナルナオンライン診療からオンライン妊活相談に進化していきました。診療と医療相談は類似サービスですが、オペレーションなどいろいろ違うのですが、ルナルナさんは目的がしっかりとしているためにスムーズにサービス拡充できそうですね。ルナルナさんの動きとLINEヘルスケアからLINEドクターへのサービス拡充の動きは、将来的に比較してみたいなぁ。分析するには変数が多すぎますが、比較してみたいです。


1)ルナルナオンライン診療から妊活相談へ進化

2)官民連携フェムテック オンライン診療

3)オンライン薬剤師

4)2022年からのオンライン診療

5)サンウェー ヘルスケア事業一部売却

6)フェムテック

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)ルナルナオンライン診療から妊活相談へ進化

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000017725.html

株式会社カラダメディカ(以下、「当社」)は、産婦人科向けオンライン診療システム『ルナルナ オンライン診療』※1を活用した「オンライン妊活相談」サービスの実証を、丸紅株式会社(以下、「丸紅」)にて6月23日(水)より開始します。

株式会社カラダメディカ

TEL :03-5333-6404 FAX:03-3320-0189

E-mail:pr@caradamedica.co.jp URL:https://caradamedica.co.jp/


2)官民連携フェムテック オンライン診療

https://medical.jiji.com/topics/2167

女性特有の健康の悩みを最新技術を生かして解決する「フェムテック」。国会では議員連盟が発足し、企業からの関心も高まりつつある。婦人科領域のオンライン診察アプリを運営する医療ベンチャー「ネクイノ」(大阪市)の石井健一代表取締役(42)は、地方自治体との官民連携による施策を展開。学校現場での性に関する課題解決にも着手している。[聞き手=時事通信大阪支社 中嶋泰郁 記者]


3)オンライン薬剤師

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000002.000057748&g=prt

株式会社HealthCareGate(本社:神奈川県横浜市)は、医師業務のタスクシフトとして負担を軽減し、日本の高齢社会に求められる在宅医療の普及を加速する「オンライン薬剤師サービス」を開発・提供しています。

会社名:株式会社HealthCareGate

代表者:代表取締役 保田 浩文

所在地:〒220-0072 神奈川県横浜市西区浅間町2-100-6

設立日:2019年6月6日

URL :https://healthcaregate.co.jp

https://news.nicovideo.jp/watch/nw9484536

オンライン薬剤師を提供するためのサービス拡大に向けた薬剤師職の開発

株式会社HealthCareGate(本社:神奈川県横浜市)は、医師業務のタスクシフトとして負担を軽減し、日本の高齢社会に求められる在宅医療の普及を加速する「オンライン薬剤師サービス」を開発・提供しています。

医療業界で働く全ての人を「楽にする」をビジョンに医療業界の地理的・構造的課題からきている医療人材への負担を、医師業務のタスクシフトから実現する横浜市内のベンチャー企業です。


4)2022年からのオンライン診療

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/202106/570874.html

政府は2021年6月18日に規制改革実施計画(以下、実施計画)を閣議決定し、かかりつけ医による初診からのオンライン診療を2022年度から恒久的に認める方針を示した。ただし、受診歴のない患者の初診については、診療録や診療情報提供書、地域医療ネットワーク、健康診断結果等の情報により患者の状態をあらかじめ把握することを条件とした。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73165670T20C21A6KNTP00/

動き始めたオンライン服薬指導だが、普及に向けては課題も多い。なかでも大事になってくるのが医師によるオンライン診療との密接な連携だ。

厚生労働省によると、電話を含めた遠隔診療の登録医療機関は全体の15%程度。初診から対応可能なのは6%程度にとどまる。医師にとっては画面越しの会話が中心で検査や触診.


5)サンウェー ヘルスケア事業一部売却

https://www.nna.jp/news/show/2204495

マレーシアの不動産開発大手サンウエー・グループは23日、ヘルスケア事業を管理する投資持ち株会社サンウエー・ヘルスケアの株式16%をシンガポールの政府系投資会社GIC傘下のグリーンウッド・キャピタルに売却すると発表した。譲渡額は7億5,000万リンギ(約200億円)。


6)フェムテック

https://spur.hpplus.jp/culture/watashitsuzukeru/202106/22/NmZEZlY/

女性同士でも意外と相談しづらい、月経にまつわるアレコレ。リアルな体験を話し合うことで、自分も、社会の未来も変えられるはず。今、改めて生理と向き合おう!

https://madamefigaro.jp/beauty/feature/210623-menstruation.html

これはほとんどの女性が経験していることだが、生理痛と同様、人によって症状はさまざまだ。「排卵の直後、生理が始まる数日前、妊娠した場合に備えてプロゲステロンの分泌が増えます。このホルモンは腸の周りの筋肉を緩ませる傾向があります。すると腸の働きが鈍くなり、ガスが溜まりやすくなります」と婦人科医で心身医学専門医のシルヴァン・ミムンは説明する。その結果、お腹が張ってしまう。

https://www.asahi.com/articles/ASP6Q5DSMP6JULFA00R.html

自分の体について一番の理解者になりたい――。そんな女性のニーズに応えるフェムテックという新たな産業に注目が集まっています。月経や妊娠・不妊、更年期などにともなって生じる悩みをどのように解決し、暮らしていけるのか。12日にオンライン記者サロン「進化するフェムテック」を開催し、2人のゲストを迎えて語り合いました。

https://www.wwdjapan.com/articles/1226394

コロナ禍で健康に関する意識が高まり、女性特有の健康課題に向き合う“フェムテック”市場も広がりを見せている。ただ、年に一度受けることを推奨されている一般的な日本の企業健診には、女性特有の病気や疾患を検査する健診メニューや設備が十分に備わっていないことが多い。その課題に向き合うべく、「クレアージュ東京 レディースドッククリニック(以下、クレアージュ)」が今年3月東京・有楽町に開院した。女性の罹患率・死亡率が高い乳がん、子宮がん、大腸がんに加えて子宮内膜症や子宮筋腫などを総合的にカバーする「YOU健診」のほか、年齢やライフプランに合わせた人間ドック健診プランをワンストップで受けることができる。


9回の閲覧0件のコメント