【看護】看護師レーサー萩原友美さん・コロナで看護師ストライキなどなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

オリンピック・パラリンピックのお陰で、看護師アスリートが注目されるようになってきましたが、モータースポーツ界の活躍はあまり知られていませんでした。看護師レーサー萩原友美さんがニュースになりました!!


1)看護師レーサー萩原友美さん

2)韓国 看護師のストライキ

3)パラリンピックに必要な医療従事者 4)看護メディア 看護Roo!広告開始

5)看護師派遣 3倍に増額

6)看護学部教員がSDGsプロジェクト発足

7)子育ての不安・楽しさをシェア

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)看護師レーサー萩原友美さん

https://news.yahoo.co.jp/articles/a845b680c4baadffc41ad3f30f26fb9deb6b31c8

女性ドライバー限定のプロシリーズとして2017年にスタートした「KYOJO CUP」には、現在15名の女性ドライバーがエントリー。そのキャリアは千差万別で、カート出身者のほか、モトクロス出身の永井歩夢選手、レースクイーン出身のいとうりな選手などさまざまな顔ぶれが集結している。

今後の目標について「やっぱりカートをやっていたドライバーは速いですね。私はどうすれば速く走れるのか、マシンのセットアップを含めてわからないんですけど、それをネガティブとは考えていません。私の本業は看護師で、アマチュアドライバーですが、経験豊富な速いドライバーに勝ちたいと思っているので、その追いつこうとする過程が楽しいです」と語っているだけに荻原選手の動向に注目したい。


2)韓国 看護師のストライキ

https://www.news24.jp/articles/2021/08/19/10926375.html


3)パラリンピックに必要な医療従事者

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-08-20/2021082001_02_0.html

丸川珠代五輪・パラリンピック担当相は19日の参院内閣委員会で、東京パラリンピックの医療体制について、競技数が最も多い日で医師120人、看護師150人を想定していると明らかにしました。日本共産党の田村智子議員への答弁。田村氏は、新型コロナウイルスの感染爆発のもと医師・看護師の確保が困難を極めるなかで、「これだけいたら、どれだけの命が救えるか」と述べ、パラリンピック中止を迫りました。


4)看護メディア 看護Roo!広告開始

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000010301.html

株式会社クイック(本社:東京都港区、代表取締役社長:川口一郎)が運営する日本最大級の看護師&看護学生向けメディア『看護roo!(カンゴルー)』(https://www.kango-roo.com/)と看護師向けスケジュール管理アプリ『ナスカレ』『ナスカレPlus+』で、2021年8月以降分の広告枠の受付を開始します。

■■『看護roo!』について

2009年に開設した、月間PV1768万、月間UU381万の日本最大級の看護メディアです。

看護知識や手技動画、医療ニュースなど看護に役立つ情報だけでなく、美容、健康、ライフスタイルなど、すべての看護師が生活のあらゆるシーンで楽しめるコンテンツがあります。

会員数は87.5万人(2021年8月現在)、そのうち9割が看護師&看護学生で構成されております。

https://www.kango-roo.com/

社名:株式会社クイック

代表者:代表取締役社長 川口一郎

所在地:〈東京本社〉東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館

    〈大阪本社〉大阪府大阪市北区小松原2-4 大阪富国生命ビル

URL:https://919.jp/


5)看護師派遣 3倍に増額

https://www.asahi.com/articles/ASP8M6FCQP8MULBJ018.html

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い各地で医療が逼迫(ひっぱく)しているのを受け、厚生労働省は、コロナの重点医療機関に看護師を派遣する場合の補助金を従来の3倍に増額する方針を決めた。重点医療機関では特に看護師が不足しているとの声が多い。1時間あたりの補助額は、医師は2倍の1万5100円、看護師は3倍の8280円とする。いずれも派遣元の医療機関に補助する。


6)看護学部教員がSDGsプロジェクト発足

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000067788.html

武蔵野大学しあわせ研究所(東京都江東区)は本学の学生、教職員を対象に「自分自身と周囲の大切な人の“健幸”を創り出す力」を高めることを目的に「むさしの健幸アンバサダー」プロジェクトを発足しました。キックオフイベントとして2021年8月24日(火)に株式会社タニタヘルスリンクによる「企業がとりくむ健幸づくり」をテーマにした講演会のほか、「健幸アンバサダー養成講座」を開催します。


7)子育ての不安・楽しさをシェア

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000083353.html

AsoBoys株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:⽥中良平)は、2021年8⽉19日より、妊活・妊娠・⼦育て中の⼥性に限定したおしゃべりアプリ「話してスッキリ」のApp Storeでの提供を開始しました。

社名:AsoBoys株式会社

設⽴年⽉:2019年12⽉

代表者:代表取締役社⻑ ⽥中 良平 (たなか りょうへい)

住所:東京都港区南⻘⼭2丁⽬2番15号

ミッション:⼥性がニコッと笑顔になる社会をつくる

バリュー:正々堂々とまっすぐに⽣きる、変なプライドを持たずに素直である、遊び⼼を忘れない

サイトURL:https://asoboys.com/

11回の閲覧0件のコメント