• Kosuke Tsubota

ちょっと振り返り

ごきげんさまです。喜業家つぼたです。


喜業家つぼのヘルスケアニュース、よろしくお願いいたします。


既にとりあげたニュースですが、別の媒体が紹介していたので、ちょっと復習気分でまとめてみました。


1)PHRプラットフォーム

2)女性のためにクイックドクター

3)フェムテック妊活支援 自民党

4)コロナ対策鎌倉モデル

5)骨折予防AI

6)AI開発カオスマップ

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)PHRプラットフォーム

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000009.000064327&g=prt

株式会社インテグリティ・ヘルスケア(本社:東京都中央区、代表取締役会長:武藤 真祐、代表取締役 社長:園田 愛、以下「インテグリティ・ヘルスケア」)は、サワイグループホールディングス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:末吉 一彦、以下「サワイグループホールディングス」)とのPHR(パーソナルヘルスレコード)事業協業を開始したことをお知らせ致します。

関連情報


本件に先立つ2021年4月26日、インテグリティ・ヘルスケアと株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長︓柴原 節男、本社︓東京都品川区/以下、日立システムズ)による提携が発表されております。 本発表は自治体、健康保険組合、企業等に対してセキュアなクラウド基盤上にて、オンライン診療や服薬指導、PHR サービスなどを連携させることで、医療情報・データを一元的に管理し、それらの情報に基づいた総合的な健康支援 サービスを提供するというもので、2021年度中の開始を目指すこととなっております。 今回、沢井製薬とインテグリティ・ヘルスケアが行うPHR事業についても本提携によって提供されるセキュアなクラウド環境 上で行われることとなり、医療機関への展開力・データ管理ノウハウおよびシステム構築力・安全な環境の提供実績や 健康に関する事業促進サービスノウハウと、3社の持つ強みが有機的に連携した大きな枠組みでの事業展開となります。


(参照)日立システムズとインテグリティ・ヘルスケアが医薬・ヘルスケア分野で提携

2021/04/26  https://www.integrity-healthcare.co.jp/news/press/hitachi-ih



▼補足資料 :サービスサイト

・PHR管理システム「Smart One Health」

https://www.smartonehealth.jp/

・沢井製薬健康サイト「サワイ健康推進課」

https://kenko.sawai.co.jp/

▼補足資料 :会社概要・代表者

社名:株式会社インテグリティ・ヘルスケア

設立:2009年10月

代表者:代表取締役会長 武藤 真祐、代表取締役社長 園田 愛

事業内容:テクノロジーを活用した疾患管理システム・オンライン診療システムの提供

所在地:東京本社 /東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目27番5号YAMATO B.L.D

URL: https://www.integrity-healthcare.co.jp/


2)女性のためにクイックドクター

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000012.000052947&g=prt

日本シングルマザー支援協会(所在地:神奈川県横浜市・代表:江成道子)は子供を育てながら働く女性のプラットフォーム化を目指す一環として、株式会社コールドクター(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中原毅、代表取締役:合田武広)のクイックドクターサービスを開始することになりました。

専用サイトはこちらです。https://xn--qckmb1noc2bzdv147ah7h.com/quickdoctor


3)フェムテック妊活支援 自民党

https://news.yahoo.co.jp/articles/9e53ae30f6c1586d38e451991775d3558612db16

女性の抱える健康問題をテクノロジーで解決するフェムテックを活用して不妊治療や妊活に関わる課題の解決を目指すため、自民党は議員連盟での議論を始めました。


4)コロナ対策鎌倉モデル

https://www.townnews.co.jp/0602/2021/05/14/574605.html

新型コロナウイルスに感染して自宅で療養する人の健康を、地域の医師や看護師が見守る取り組みが、5月11日から鎌倉市で始まった。県が進める「地域療養の神奈川モデル」の一環で、県内では藤沢市に次いで2例目。県が鎌倉市医師会と委託契約を結んだうえで、地域の訪問看護ステーションの看護師が療養者の健康状態を随時確認。状況の悪化が確認された場合は、医師会の医師を通じて入院の調整などを行う。


5)骨折予防AI

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/release/21/05/13/10631/

株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏、以下FRONTEO)は、FRONTEOにとって2つ目のAI医療機器パイプラインとなる「骨折スクリーニングAIプログラム」の開発を開始しました。


6)AI開発カオスマップ

https://codezine.jp/article/detail/14151

AI活用サービスの選定、導入・活用を支援するコンシェルジュサービス「AI Market」を運営するBizTechは、AI開発会社やAIサービスをカテゴリ別にまとめた「AI開発会社/AIサービス カオスマップ2021」及び「カテゴリ別レポート」を5月13日に公開した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000078849&g=prt

□受託等サービス系

・AI開発会社(総合(画像認識・音声認識・自然言語処理・予測等)・エッジAI・医療/創薬系)

・アノテーション/データセット(総合・プラットフォーム)

・AI人材関連サービス(育成/研修・派遣/紹介/活用)


□ツール系

・AI開発/活用プラットフォーム(総合・医療用)

・AI-OCR

・AIチャットボット

・レコメンド/Web接客

・法務・知財関連

・翻訳

・音声認識/文字起こし

・検索/要約/分析/感情認識等

8回の閲覧0件のコメント