• Kosuke Tsubota

関節リウマチ俳句大会、依存症対策AIなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。


イーライリリーさんが実施する関節リウマチ俳句大会など面白いですね。無医地区で診療所や訪問看護ステーションを経営していた時に地域の健康増進のために自治会長の皆様型の協力の上、毎月全戸に健康ニュースを配布させて頂いておりましたが、その時に末期の患者さんで俳句が趣味な方のためにコーナーを作成するなんてことをしていたことを思い出します。


1)関節リウマチ俳句大会

2)医療イノベーションへのコンソーシアムの重要性

3)てんかん遠隔脳は診断支援

4)薬物依存症に対する行動変容AI

5)コロナの状況 各国立大学の発表

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)関節リウマチ俳句大会

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000005823.html

50代からの女性の暮らしを応援する生活情報サイトハルメク WEB(運営:株式会社ハルメク、代表取締役社長:宮澤 孝夫、本社:東京都新宿区)と日本イーライリリー株式会社※1(代表取締役社長:シモーネ・トムセン、本社:兵庫県神戸市)は、関節リウマチ患者さんの周囲に理解されにくい症状・日常生活の困りごとを、俳句を通じて考えていく「GoodDAY※2 関節リウマチ俳句コンテスト2021」(協力:公益社団法人日本リウマチ友の会)を、開催いたします。また入賞者が審査員から直接講評を受けられるワークショップを、「俳句の日」直前の8月6日(金)にオンラインにて共催いたします。

「GoodDAY 関節リウマチ俳句コンテスト2021」応募概要

【募集概要】

■応募期間: 2021年6月1日(火)10:00~30日(水)23:59まで

■応募方法: ハルメクWEB応募フォームより、テーマに合わせた俳句をご投稿ください。ハルメクWEB : (https://halmek.co.jp/topics/c/notice/4064

■募集テーマ: A:「伝えづらい、言いづらい、私の関節リウマチ症状」関節リウマチの患者さんのお悩みや、周りに理解してもらいにくい症状、本人や周囲の方にしかわからない困りごとなど、実体験に基づくエピソードを俳句にしてみましょう。

B:「医療者に伝えたい私の望み・困っていること」医師や看護師と話したり、診察を受ける際にわかってもらいにくいことや、上手く伝えられないこと、言ってもらってうれしかったことや残念に思ったことなど診察室でのコミュニケーションを俳句にのせて伝えてみましょう。

※1人最大3句(1句でも可能)までご応募可能です。1テーマでもご応募いただけますが、

ぜひ、A・B両方のテーマにチャレンジしてみてください。

■対象: 関節リウマチ患者さん及びそのご家族の方


2)医療イノベーションへのコンソーシアムの重要性

https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=71244

武田薬品レアディジーズビジネスユニット(RDBU)の濱村美砂子ヘッドは本誌とのインタビューに応じ、希少疾患患者の早期診断をデジタルで支援するエコシステムの実現に注力する方針を明らかにした。遺伝性血管性浮腫(HAE)は、診断率20%、初発から診断まで平均13.8年を要すという。濱村ヘッドは、患者の早期診断を支援するためには、AI疾患コンサルタント、AI問診サポート、AI受診相談といった各段階をIT企業と協業することで新たなエコシステムを形成・構築する必要があると指摘。この取り組みに強い意欲を示した。一方でRDBUのMR活動については、「医療の世界もデジタル化が進んでいくと思うので、それに見合うレベル感や価値観を持ったMRが重要になる。デジタルとの融合性の高いチームにしていきたい」と強調した。


3)てんかん遠隔脳は診断支援

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t349/202106/570500.html

札幌医科大学と広島大学は、アルム(東京都渋谷区)が提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」(図1)を用い、てんかん患者に対する遠隔脳波診断支援の有用性を検証する臨床研究を開始する。Joinに新たに搭載された脳波ビューワー機能を活用して、脳波データを動画としてクラウド上で共有し、遠隔地の専門医が脳波を判読することでてんかんの診断を行う。2大学とアルムが2021年6月3日にオンラインで開催した記者会見で発表した。


4)薬物依存症に対する行動変容AI

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000042913.html

株式会社ヒューマノーム研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀬々 潤、以下「当社」)は、国立大学法人東京医科歯科大学(所在地:東京都文京区、学長:田中 雄二郎)と「物質使用障害を有する人の行動変容促進に向けたAI構築に関する研究」に関して、共同研究契約を締結いたしました。

【株式会社ヒューマノーム研究所 会社概要】

「人間とは何かー」 最先端人工知能(AI)技術の開発・活用と、健康のあり方を変えるデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することにより、人間とそれを取り巻く環境を理解し、個々が自分らしく楽しく暮らせる健康社会を実現する研究所です。

  • 会社名: ヒューマノーム研究所

  • 所在地: 東京都中央区築地2-4-10 SAテンハウス2階

  • 代表者: 代表取締役社長 瀬々 潤

  • URL:https://humanome.jp/

  • 事業内容: ヒトやヒトの理解に向けたAI・データ解析技術の研究開発、生体・環境計測によるDX推進に関するAI技術支援・共同開発、AI開発普及に向けたノーコード環境開発 等

5)コロナの状況 各国立大学の発表

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000107.000072793.html

岡山県ホームページに公開されているデータを用いて、岡山県内の感染状況と医療提供体制の分析を岡山大学と岡山大学病院のサポートのもと、感染対策に携わる岡山県専門家有志にて実施しています(分析アップデートは1週間に1回を予定)。


 また、東京都の「最新のモニタリング項目の分析・総括コメントについて」を参考に一枚で分かりやすく表現しています。


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが起こり、わが国でも非常事態宣言が繰り返される中、岡山県内の感染・医療体制の状況を把握する上で、また、みなさまの感染予防対策のご参考になれば幸いです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000496.000015177.html

千葉大学病院(病院長 横手幸太郎 千葉市中央区亥鼻1-8-1)は、2021年2月1日に「コロナワクチンセンター」 (センター長 猪狩英俊 感染制御部長/病院長補佐)を設置し、これまでに当院職員・関係者への新型コロナワクチン接種、医学研究院(医学部)と連携したワクチン研究、ワクチンの理解促進・接種推進のための情報発信などに取り組んできました。以下に現時点までの活動をご報告します。

9回の閲覧0件のコメント