Zoomやセールスフォースの医療参入・医療現場のバラバラ書類の構造化Mendelの資金調達などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

Zoomが遠隔診療に特化したサービスを出してきました!そして、セールスフォースも患者管理に特化したサービスから、今後医療機関向けのサービスを拡充していくということで、完全に他業種の巨人がヘルスケアの世界に参入してきました!

Mendelの医療現場のバラバラになる書類を、いろいろと構造化をしっかりとしてくれるというのは、多職種連携で各専門家とのやり取りが増えていることや、他の医療機関や行政との連携の必要度が高まっている現在には大変重要度が高いものですね。期待です!


1)Zoomが医療向けサービス開始!

2)セールスフォースが医療向けサービス開始

3)女性医療AI Vivola 経産省フェムテック補助金採択

4)会話型AI で患者コミュニケーション支援 WELL Health

5)医療現場のバラバラ書類を構造化 Mendel 19.7億円調達

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)Zoomが医療向けサービス開始!

https://japan.cnet.com/article/35175012/

Zoomは米国時間8月9日、「医療向けZoom」のモバイルブラウザー向けクライアントをベータ版としてリリースしたことを発表した。

https://blog.zoom.us/mobile-browser-client-healthcare/

患者はモバイルブラウザーから直接遠隔診療を受けることが可能で、アプリをダウンロードする必要はない。Zoom会議へのリンクを医療従事者からメールかテキストメッセージで受け取り、面会時間にそれをクリックすればよい。


2)セールスフォースが医療向けサービス開始

https://news.yahoo.co.jp/articles/f06506d7b4a3ddf57d242f481a8b7fe2931cab54

Salesforceは、患者管理ソフトウェア「Health Cloud」を強化しており、一連の機能を順次展開している。EHR(電子健康記録)システムに関わる戦略や、どこからでもケアできるようにするという取り組みを推進するものだ。

https://japan.zdnet.com/article/35175021/

順次提供される機能には、「Salesforce Maps」「B2C Commerce」「Salesforce Order Management」のHIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)準拠、服薬管理、インテリジェントな予約管理、遠隔患者の例外監視などがある。これらのアップデートは少しずつ進んでいるように見受けられるかもしれないが、Health Cloudのほか、金融サービスやメディアを含む、業界別のサービスに向けたSalesforceの戦略を示すものだ。


3)女性医療AI Vivola 経産省フェムテック補助金採択

https://www.sankei.com/economy/news/210810/prl2108100189-n1.html

不妊治療データ検索サービス「cocoromi」を運営するvivola株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:角田夕香里)は、経済産業省が実施した「令和3年度フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」対象事業に採択されたことをご報告いたします。 当社は今後、生殖医療医らを含めたコンソーシアム体制にて、不妊治療患者を対象にした遠隔医療スキームの確立、および不妊治療啓発の動画コンテンツ作成事業の取り組みを進めてまいります。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000008.000058605&g=prt

経済産業省は、働く女性の妊娠・出産・更年期障害等ライフイベントに起因する望まない離職等を防ぎ、個人のウェルビーイングと企業の人材多様性を高めることを目指し、2021年4月、フェムテック等を活用し、働く女性の健康課題等を解消するためのサポートサービスを提供する実証事業を行う事業者(間接補助事業者)を公募開始しました。実証事業は、導入企業(女性を雇用する企業)や自治体、医療機関等が連携し、働く女性の健康の悩み等を解消するため、フェムテックを活用したサポートサービスを届ける体制のあり方を試行するもので、今回81事業の応募のうち、有識者による審査により、20事業が採択されました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000058605.html

vivolaについて

人生100年時代と言われ、女性の社会進出、晩婚、晩産化が進む現代、ライフスタイルやキャリアの在り方には変化が起きつつあります。しかし、寿命が延びていても女性の出産適齢期は大きく変化しておらず、医学的な妊娠、出産のベストタイミングは、現代の感覚とずれが生じてきています。当社は人生100年時代のライフステージの捉え方を見直し、女性医療を支えるAIサービスを提供してまいります。


会社概要

会社名: vivola株式会社

代表者: 代表取締役 CEO 角田夕香里

設立年月:2020年5月

本社 : 東京都渋谷区渋谷3-6-2

URL : https://www.vivola.jp/


4)会話型AI で患者コミュニケーション支援 WELL Health

https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/news/world/00069/

患者とのコミュニケーションにおけるSaaS型デジタルヘルスのリーダーである米Well Health社が、医療従事者と患者の会話を自動でサポートする「ChatAssist AI」を発表した。ChatAssist AIは患者と医療従事者の間で交わされる何千もの会話を自動化することで顧客体験を向上させ、スタッフの対応時間を大幅に節約する。


5)医療現場のバラバラ書類を構造化 Mendel 19.7億円調達

https://jp.techcrunch.com/2021/08/10/national-cancer-institute-unsplash/

情報の内容を取り込み、整理するためのAIプラットフォームを構築しているスタートアップ企業Mendel(メンデル)は2021年6月上旬、その成長を継続し「臨床データ市場」を構築するための1800万ドル(約19億7100万円)の資金調達を発表した。またこの資金は、カリフォルニア州サンノゼとエジプトのカイロにある2つのオフィスで、技術面やサポート面での人材を増やすためにも使用される予定だ。

16回の閲覧0件のコメント