【資金調達】パーソナルD2CnoSparty41億円・世界自然遺産保護の資金調達などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

パーソナルD2Cで資金調達したSpartyさんのミッションが恰好いいです。「色気のある時代を作ろう」です。新型コロナウイルスとの感染症戦争が起きている現在、令和時代は現在殺伐としている時代です。色気のある時代にしようとするのは、とても大切なミッションだなぁと改めて感じさせて頂きました。


1)パーソナライズD2CSparty 41億円

2)Raddit シリーズFで770億円調達

3)車載エッジAI Blaiz 7100万ドル調達

4)フェムテックへの投資熱

5)世界自然遺産保護の資金調達


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)パーソナライズD2CSparty 41億円

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000034407.html

株式会社Sparty(スパーティー/本社:東京都渋谷区、代表取締役:深山 陽介)は、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社が運営する、JICベンチャー・グロース・ファンド1号投資事業有限責任組合をリード投資家とし、既存株主・新規投資家を引受先として約20億円の第三者割当増資を実施し、さらに株式会社りそな銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱UFJ銀行から21億円の融資を実施、総額約41億円の資金調達を実施することをお知らせいたします。

■Spartyのミッションについて

「色気のある時代を創ろう」

私たちが信じる“色気”とは、その人本来の、人間らしい美しさのこと。

一見すると欠点に思えるようなことでも、その個性が他の誰にも真似できない唯一無二の美しさになる。

すべての人のそんな魅力を引き出すことこそ、私たちの使命です。

ひとりひとり違うはずの個性や悩みにテクノロジーの力で寄り添う。


みんなと同じ“いいもの”よりも、本当にその人に“合うもの”を届ける。

そうやって、すべての人が、自分らしく輝ける毎日へとつながっていく。


欠点だと思っていたものは、あなたの武器かもしれない。

嫌いだと思っていたものは、誰かの希望かもしれない。

そんな自分の可能性を、自分自身を信じられる時代を目指して。


■会社概要

社名:株式会社Sparty

所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー4F

代表者:代表取締役 深山 陽介

資本金:1億円

設立年月日:2017年7月19日

事業内容:パーソナライズ×D2Cブランドの企画・販売

公式サイト:https://sparty.jp/

2)Raddit シリーズFで770億円調達

https://jp.techcrunch.com/2021/08/13/2021-08-12-reddit-is-raising-up-to-700m-in-series-f-funding/

2021年初めにReddit(レディット)は2億5000万ドル(約280億円)を調達し、創業16年の同社の累計調達額は8億ドル(約880億円)になった。そして8月12日、同社はさらに大きな資金調達となるFidelityがリードするシリーズFの計画を発表した。Redditは同ラウンドですでに4億1000万ドル(約450億円)を調達し、調達額は最大7億ドル(約770億円)とする計画で、これにより同社の評価額は100億ドル(約1兆1040億円)に達することをTechCrunchに明らかにした。


3)車載エッジAI Blaiz 7100万ドル調達

https://eetimes.itmedia.co.jp/ee/articles/2108/12/news064.html

米国のスタートアップ企業であるBlaize(旧ThinCI)は、7100万米ドルのシリーズD資金調達ラウンドを終了した。同ラウンドは、今回新に参加した投資家のFranklin Templeton氏と以前から同社に投資していたシンガポールの政府系投資会社Temasekが主導し、デンソーなどの既存および新規投資家や企業が参加した。同ラウンドによって、Blaizeの資金総額は約1億5500万米ドルになった。


4)フェムテックへの投資熱

https://toyokeizai.net/articles/-/447874

女性特有の悩みを解決する「フェムテック」の市場拡大に期待が高まっている。従来タブー視されがちだった課題にテクノロジーを活用することで参入しやすくなり、大手総合商社やメーカー、医療機関などが取り組む事業に経済産業省も補助金を拠出して支援する方針だ。


5)世界自然遺産保護の資金調達

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b602455a12d634fc0860667a62bdc6a0faafba5

世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島の5市町村は13日、奄美市で記者会見し、ふるさと納税制度を活用した自然環境保護のための資金調達を始めたと発表した。鹿児島県・徳之島の天城町と、沖縄県・西表島の竹富町と併せた目標額は2750万円。各自治体が広域連携し、環境の保護や交流人口の拡大を目指す。

8回の閲覧0件のコメント