【看護】212グラムの赤ちゃん・ワクチン犯罪などなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

世界一小さな212グラムで生まれた赤ちゃんが13か月の入院を終えて無事退院とのことです!お腹の中にいる期間が10か月ということを考えると、すごく頑張ったということと、お腹の中が成長にとてもいい環境ということ、コロナウイルスの中ずっと頑張ってきた医療スタッフやご家族さんなどといろいろ考えさせられるニュースでした。


1)VR患者を聴診 実習

2)ワクチン犯罪

3)世界一小さな212gの赤ちゃんが無事退院

4)沖縄に看護官派遣

5)ナガイレーベンの看護師支援

6)看護師留学奨学金

7)看護師のちょっとした会話

8)おひとりさまの大往生のための訪問看護の教え

9)オンライン診療MICINが保険業に参入


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)VR患者を聴診 実習

https://www.asahi.com/articles/ASP8D31HPP82TTHB00D.html

VR(仮想現実)の技術を看護学生の演習の現場に導入する取り組みを、佐賀大学医学部が進めている。全国でも珍しいといい、新型コロナウイルスの影響で演習ができない学生に練習の場を確保するのが狙いだったが、それ以上の効果をもたらしている。


2)ワクチン犯罪

https://www.cnn.co.jp/world/35175112.html

(CNN) ドイツ北西部フリースラントの新型コロナウイルスワクチン接種会場で、看護師がワクチンを生理食塩水に入れ替えた疑いがあるとして、警察が捜査を行っている。


3)世界一小さな212gの赤ちゃんが無事退院

https://news.yahoo.co.jp/articles/8da9e5f8583190e9365037e100401f20bcbd950d

212グラム――リンゴの重さではない。昨年6月9日にシンガポールで生まれた女の子の体重だ。かつて「未熟児」と呼ばれた2500グラム未満の新生児は、最近では「低出生体重児」と呼ばれる。


4)沖縄に看護官派遣

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081200512&g=soc

新型コロナウイルスの感染拡大で逼迫(ひっぱく)する沖縄県の医療を支援するため、陸上自衛隊那覇駐屯地(那覇市)は12日、看護官ら5人を県に派遣した。玉城デニー知事からの要請を受けた対応で、自衛隊法に基づく災害派遣として実施する。


5)ナガイレーベンの看護師支援

https://jp.reuters.com/article/idJP00093500_20210721_03520210721

a) 看護師向けの憩いの場「ITONA」ギャラリーの開設

2015年の創業100周年を記念して、主要なエンドユーザーである看護師への「ありがとう」の気持ちを形にするため、日本で初めての看護師のための心のコミュニケーションスペース「ITONA(いとな)ギャラリー」を開設した。


b) 看護師のためのビューティー講座

資生堂ジャパン(株)の協力を得て、医療現場の看護師にふさわしいメイクアップ・立ち居振る舞い等を学べる実践講座を開催している。


6)看護師留学奨学金

https://news.yahoo.co.jp/articles/38e29393cda7033b7647dd91b396bdb233e2cc92

日本財団と笹川保健財団は7月21日、グローバルな視点とリーダーシップを持ちこれからの医療・保健を支える看護職を育成するため、海外留学奨学金制度「Sasakawa看護フェロー」を新設する、と発表した。米国とカナダの大学院に進学する看護職を対象に、授業料、寮費、保険料など就学に必要な費用について年間1200万円を上限に支給。10年間で100人の育成を目指すとしている。


7)看護師のちょっとした会話

https://ima.goo.ne.jp/life/64983/%E3%80%8C%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B312%E6%99%82%E9%96%93%E5%BE%8C%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%80%8D%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E5%B8%AB%E3%81%AE%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E6%82%A3%E8%80%85%E3%81%8C%E8%81%9E%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BC%9A%E8%A9%B1%E3%80%8D%E3%81%AB%E9%9C%87%E3%81%88%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84

『ワクチン12時間後。熱なし。看護師さん2人、小声の会話。「忙しいね」「慣れてないからちょっと疲れたね」「がんばろ!」「うん、がんばろ!」。たぶん患者が聞いちゃいけない会話なのだろうけど、私は聞けてよかった。どの病院に行ってもみんな笑顔で迎えてくれる。私も自己管理と予防がんばろ!』


8)おひとりさまの大往生のための訪問看護の教え

https://news.yahoo.co.jp/articles/4354612c6cd6dd0baa35e0634987bad492bb7f3b

生涯シングルや、配偶者を亡くした方だけでなく、肉親がいても、頼らず1人で暮らしたいと考える方もいるでしょう。「おひとりさまで大往生」を実現するには、元気なうちに多くの選択や決断を必要としますが、それは自分らしく生き、自分らしく逝くための大切なステップでもあります。元気なうちから少しずつ準備を始めるために、ケガや病気、認知症などのリスクに備えつつ、自宅で暮らし続けるコツを、看護のプロに伺いました(構成=山田真理 イラスト=小林マキ)


9)オンライン診療MICINが保険業に参入

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000072.000017806&g=prt

株式会社 MICIN(マイシン、本社:東京都千代田区、代表取締役:原聖吾、以下 MICIN)は、この度、MICIN 少額短期 保険株式会社を設立し、新たに少額短期保険事業を開始いたします。

10回の閲覧0件のコメント