ソフトバンクの遠隔医療・ドミニカ共和国の遠隔医療など

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。


1)ソフトバンクの遠隔医療一気通貫

2)ドミニカ共和国の遠隔医療

3)医療×VR学

4)欧米のフェムテック

5)糖尿病向け台湾アプリ

6)突然の視野狭窄のリスク

7)緑内障のリスク

8)白内障リスク

9)興和株式会社が医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」導入

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)ソフトバンクの遠隔医療一気通貫

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC203JX0Q1A520C2000000/

ソフトバンクは自治体や企業向けの医療関連サービスアプリを通じ、一般用医薬品(市販薬)の全国宅配を始める。最短で注文の翌日に届ける。同アプリでは専属の医師に24時間健康相談でき、6月からはオンライン診療にも対応。様々なサービスを一括で提供し、住民への健康支援策に悩む自治体などの需要を獲得する。


2)ドミニカ共和国の遠隔医療

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210522-00271588-dzai-column

カリブ海に浮かぶ小国・ドミニカ共和国に住み、中南米の新興国を舞台に貿易事業を展開する風間真治さんが、学校の授業から個人レッスン、テレワーク、医療業務と、コロナ禍で進んだ様々なオンライン化の現状をレポートします。


3)医療×VR学

https://news.allabout.co.jp/articles/p/000000129.000023281/

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( https://styly.cc )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩)は、株式会社BiPSEEと高知県 3 大学とともに、高知大学医学部に研究開発組織「医療×VR」学を設立いたしました。


4)欧米のフェムテック

https://mainichi.jp/premier/business/articles/20210521/biz/00m/020/005000c

女性の心身の健康課題をテクノロジーで解決しようと誕生した「フェムテック(Femtech)」。日本では最近認知され始めたが、欧米では「未開拓の巨大市場」として企業の投資が相次ぎ、世界市場は2025年までに5兆円規模に拡大する見通しだ。なぜここまで注目されているのか。米シリコンバレーに拠点を置き、欧米のフェムテック事情に詳しいデロイトトーマツベンチャーサポートのセントジョン美樹マネジャーに聞いた。【聞き手・毎日新聞経済部/本橋敦子】


5)糖尿病向け台湾アプリ

https://news.nifty.com/article/item/neta/12280-1081753/

糖尿病を患う人が増えている。厚生労働省の2017年の「患者調査」によると、病院に入院または通院している糖尿病患者数は328万9000人で、前回調査(2014年)から12万3000人増えて過去最多となった。2008年調査の237万1000人から3回連続で増加、9年で91万人増え、なんと1.4倍に急増していることになる。


6)突然の視野狭窄のリスク

https://jp.sputniknews.com/science/202105238403017/

突然の視野狭窄など、前ぶれもなく視力に問題が生じた場合について、有名な眼科医のアレクサンドル・ミャスニコフ氏は「ロシア1」テレビに出演した中で、すぐ医者の診断をあおぐべきだと警鐘を鳴らしている。


7)緑内障のリスク

https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_WomanCalendar_12620/

再検査項目は眼科とあり、いったい何に引っかかったのか見当が付かず……。健康診断成績表を急いで見てみると眼底検査がD(受診推奨)となっていました。ほかは変わらずオールA判定にホッとしつつ、早速、近所の眼科クリニックへ再検査に行くことにしました。


8)白内障リスク

https://dot.asahi.com/dot/2021051800003.html

加齢により、誰にでも起こる可能性のある白内障。緊急性の高い疾患ではないが、「見えにくさ」が日常生活に与える影響は大きい。近年では、視力の低下と認知機能の関係を指摘する研究報告もあり、注目されている。


9)興和株式会社が医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」導入

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000108.000033619&g=prt

株式会社リーバー(本社:茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎 以下、リーバー)は、興和株式会社(所在地:愛知県名古屋市)との間で医療相談アプリ「LEBER(リーバー )」の利用契約を締結しました。興和株式会社の従業員及びその家族に対して、医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」が福利厚生として提供されます。

■株式会社リーバーについて


株式会社リーバー(旧社名AGREE)は2017年2月に遠隔医療相談サービスを行う目的にて創立されました。 私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念を掲げ、すべての人々に適切な医療が行き渡るよう努めています。


〈会社概要〉

会社名:株式会社リーバー

所在地:茨城県つくば市高野1155-2

代表者:伊藤俊一郎

設立:2017年2月

URL:https://www.leber.jp

事業内容:医療相談アプリの企画・開発・運営

■医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」について


24時間365日スマホで医師に相談ができるアプリです。現在300人以上の医師が登録されており、外出自粛等により病院 やクリニックに行きにくい方もアプリを通じて医師に気軽に相談することができます。


一般向け医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」に加えて、教育機関に毎日の検温結果と体調、出⽋席の報告ができる「LEBER for School」(6カ国語対応)、企業向けに検温・体調報告とストレスチェックを組み合わせられる「LEBER for Business」(6カ国語対応)も全国で導入拡大中です。

22回の閲覧0件のコメント