オンライン診療だからわかること・NTTモバイル調査次世代サービスに期待することなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

猫アレルギーの患者さんの家に飼い猫がいるなんて、診察している時には想像もしないので、オンライン診療で家の中が分かるからよいことですよね。実際に訪問診療が開始された時に言われていたことばかりですが、訪問診療よりもより日常が分かるのがオンライン診療なので、オンライン診療の強みと弱みをもっとわかって使い分けができる時代になっていくといいですね。


1)オンライン診療だからわかること

2)オンライン診療の信頼関係の大切さ

3)抗がん剤も検討 オンライン診療

4)NTTモバイル調査 約3割が遠隔医療に期待

5)メディカルノートの職域接種支援

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)オンライン診療だからわかること

https://news.yahoo.co.jp/articles/033980289c5f74dca2aea6814be92d356e8af468

もう一つは、オンライン診療だからこそ生活の場が見えるということです。ぜんそくで定期受診している10歳の女の子、いつもは月に1回受診していましたが、今回はオンラインでの受診となりました。リビングからお母さんと一緒に画面に現れましたが、飼い猫2匹も一緒でした。血液データを見ると、この子にはネコ上皮のアレルギーがあり、喘息の改善が見られない原因としては十分でした。飼い猫がいることは聞いていましたが、実際に家の中で走り回っている猫を見ることで、改めて生活の中でのリスクを感じることができました。お母さんには、猫と触れ合うのは一定時間として、ある程度は猫と過ごす部屋を分けるなどの工夫が必要であることを伝えました。


2)オンライン診療の信頼関係の大切さ

https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20210702-OYT1T50373/

初めての患者を画像だけで診断できるのかという懸念は残る。なりすましを防ぐ意味でも、かかりつけ医を原則とするのは妥当だ。利便性と不正防止に配慮し、具体的な基準を作成してほしい。


3)抗がん剤も検討 オンライン診療

https://www.yakuji.co.jp/entry88036.html

厚生労働省の「オンライン診療の適切な実施に関する指針見直し検討会」は6月30日、今秋予定の指針改訂に向け、抗癌剤や抗菌薬など初診でのオンライン診療に適さない医薬品等について検討する方針を決めた。構成員からは、処方できる薬剤の種類、日数について制限を設けるよう求める声が相次いだ。


4)NTTモバイル調査 約3割が遠隔医療に期待

https://robotstart.info/2021/07/02/docomo-sv-autonomous.html

今後、利用してみたいサービスについて調査したところ、「自動運転」が34.4%。続いて「オンライン診療・遠隔手術・見守りサービス」が29.3%、「ドローンによる配送・地上配送ロボット」が18.6%、「スポーツやライブのマルチアングル視聴」が15.5%と続いた。


5)メディカルノートの職域接種支援

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000025869.html

株式会社メディカルノート(東京都港区、代表取締役CEO:梅田 裕真、代表取締役:井上 祥、以下、メディカルノート)は、職域接種を実施する企業・大学などを対象に、オンラインで医師が予診を行う「Medical Note コロナワクチンオンライン予診サービス」および、接種を望む人や接種後の人がコロナワクチンに関する疑問などを、医師を中心とする医療チームに直接質問・相談できる「Medical Note コロナワクチンオンライン相談」を提供開始しました。

  • 株式会社メディカルノートの概要

株式会社メディカルノートは、「すべての人が“医療”に迷わない社会へ」というミッションを掲げ、第一線で活躍を続ける医師や専門家の協力のもと、医療・ヘルスケアプラットフォーム「Medical Note」やオンライン医療相談サービス「Medical Note医療相談」、医療機関向けDX支援SaaS「Hospital Manager」などを提供しています。ITを活用することで医療をより身近なものとし、誰もが最適な医療を選択できるとともに、国や医師、医療従事者だけでなく、すべての人の力で“医療”を支え、発展させ続ける社会を実現します。

会社名:株式会社メディカルノート


設立:2014年10月

所在地:〒105-6414 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー14階

代表取締役CEO:梅田 裕真

代表取締役:井上 祥

事業内容:デジタルヘルスケアプラットフォーム事業・ヘルスケアDX事業

コーポレートサイト: https://medicalnote.co.jp/

  • Medical Note コロナワクチンオンライン予診サービス

「Medical Note コロナワクチンオンライン予診サービス」は、オンラインで予診を行う仕組みを提供するとともに、職域接種実施日に実際に対応にあたる医師・医療機関を連携させていただくサービスです。現在、1日あたり最大8,000人分の予診対応(注3)が可能であり、今後も連携する医師・医療機関を増やしてまいります。

医師は「Medical Note Hospital Manager」(注4)を利用して、会場に訪れた接種希望者を予診します。接種会場の規模に応じて現地で予診を担当する医師と分担することで、会場運営の効率化を図ることが可能です。現地で従事する医師、医療従事者が不足している場合もご相談ください。



注3:対応可能な予診は、50人/時。1日を8時間として算出した数字です。

注4:WEB予約、事前問診、ビデオ通話/オンライン診療、​決済などの機能をワンストップで管理するツールです。



  • Medical Note コロナワクチンオンライン相談

「Medical Note コロナワクチンオンライン相談」は、医師をはじめとした医療従事者からなるチームに対し、チャットもしくはビデオ通話を活用して、いつでもすきなときにワクチンに関する相談ができるサービスです。

企業や大学ごとに専用の受付ページを発行し、期間を限定してご利用いただくことができます。

11回の閲覧0件のコメント