• Kosuke Tsubota

AI問診ユビ―100万人/月突破・ウイインクの眼鏡寄贈など


ごきげんさまです。喜業家つぼです。


喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

1)ウイインク マラウイ共和国へ眼鏡寄贈

2)AI問診ユビ― 月間利用者数100万人突破

3)電子カルテからハイリスク抽出AI

4)ワクチン

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)ウイインク マラウイ共和国へ眼鏡寄贈

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000064389.html

慶應義塾大学医学部発のベンチャー企業 OUI Inc.(ウイインク:株式会社OUI)は、株式会社メガネトップ(所在地:静岡県静岡市、代表取締役社⻑:冨澤昌宏、以下 メガネトップ)と共同でマラウイ共和国のNGO Blantyre Institute for Community Outreach(以下、BICO)にメガネフレーム570本、レンズ1500枚以上を寄贈いたしました。

会社名:OUI Inc. (株式会社OUI)

URL:http://www.ouiinc.jp

代表取締役:清水映輔

設立:2016年7月15日

本社所在地:東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第7葉山ビル3F

事業内容:医師のアイデアをもとにした、医薬品・医療機器の開発と実用化及び同コンサルティング業務及び同コンサルティング業務


OUI Inc.は、“医療を成長させる”ことを理念に、慶應義塾大学医学部の眼科医が2016年7月に立ち上げた大学発のベンチャー企業です。 眼科の診察を可能にする iPhone アタッチメント型医療機器 SEC をゼロから開発し、約1年半で完成させました。


世界の失明原因第一位は白内障です。白内障は適切な時期に治療をすれば失明に至らない可能性が高いにもかかわらず、発展途上国においては白内障による失明が社会問題となっています。SECはiPhoneに取り付けて使用する小型な医療機器であるため、電気のない地域や被災地など場所を選ばず眼科診察を可能にします。


2)AI問診ユビ― 月間利用者数100万人突破

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000048083.html

Ubie株式会社(本社:東京都中央区、以下「Ubie」)が提供する、生活者向けWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」は、サービス開始から1年にあたる2021年5月の月間利用者数が100万人を突破しました。「AI受診相談ユビー」は、気になる症状から関連する参考病名と、近隣のかかりつけ医などの医療機関を調べられるサービスです。生活者の適切な受診行動の支援を目的としており、利用後に8割以上が「受診意欲がある」、受診した9割以上が「受診してよかった」と回答しています。

【生活者向け「AI受診相談ユビー」について】 「AI受診相談ユビ―」は生活者の適切な医療へのかかり方をサポートするWeb医療情報提供サービスです。いつでもどこでも気になる症状から、関連する病名と適切な受診先を調べることができます。かかりつけ医等地域の医療機関や、#7119等の救急車対応、厚生労働省等の公的な電話相談窓口への適切な受診行動を支援します。 2021年5月現在、月間100万人以上に利用いただいています。 URL:https://ubie.app/

※当サービスは参考病名や医療機関といった、診断や受診不要の指示・助言などの医学的な判断を伴わない情報を提供するものです

【医療機関向け「AI問診ユビー」について】 「AI問診ユビー」は医療機関の紙の問診票のかわりにタブレットやスマートフォンを活用した、医療機関の業務効率化のための問診サービスです。医師は文章に翻訳された問診内容と病名辞書の結果を活用することにより、電子カルテに記載を行う事務作業が大幅に削減され、より患者様に向き合い診察に集中できるようになります。患者様は医療機関にて患者様はタブレットを使って症状を入力することで、医師等の診察前の待ち時間を活用し、事前に詳しい症状の内容を伝えることができます。2021年5月現在、全国47都道府県・400以上の医療機関で導入されています。第三回日本サービス大賞で「厚生労働大臣賞」と「審査員特別賞」を受賞しました。 URL:https://intro.dr-ubie.com/ 【Ubie株式会社について】 「テクノロジーで人々を適切な医療に案内する」をミッションに掲げ、医師とエンジニアが2017年5月に創業したヘルステックスタートアップです。AIをコア技術とし、医療現場の業務効率化を図る「AI問診ユビー」と、症状から適切な医療へと案内する「AI受診相談ユビー」を開発・提供。誰もが自分にあった医療にアクセスできる社会づくりを進めています。 所在地  :〒103-0022  東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル6階 設立   :2017年5月 代表者  :共同代表取締役 阿部 吉倫・久保 恒太 URL   :https://ubie.life


3)電子カルテからハイリスク抽出AI

https://aitimes.media/2021/06/08/8182/

ピッツバーグ大学医療センター(UPMC)はこのほど、新規スタートアップ「Realyze Intelligence」を立ち上げたことを明らかにした。同社では高度なAIおよび自然言語処理技術を用いて、電子カルテデータから「転帰不良が見込まれるハイリスクグループ」を特定し、適切なケアを早期に提供することを目指す。


4)ワクチン

https://news.yahoo.co.jp/articles/486a275628b9a7434f05427c9bfa628915f714a9

札幌市では、かかりつけ医での個別接種が進んでいて、中には予約なしで接種が受けられる病院も出てきています。

6回の閲覧0件のコメント