• Kosuke Tsubota

遠隔医療で医師育成・遠隔医療22.5憶円資金調達など

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

和歌山県が7年前から遠隔医療に力を入れてきたおかげで、若手医師育成に活用が出来ることなど、今まで遠隔医療が語られてきたものとは別視点で語られるようになりましたね。

それにあわせて薄毛や小児・婦人科に特化している遠隔医療のニュースです。


1)遠隔医療が若手医師育成に活用

2)薄毛治療遠隔医療

3)キッズドクター 愛知県へ

4)医療DXネクイノ 22.5億円資金調達

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)遠隔医療が若手医師育成に活用

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t349/202106/570412.html

和歌山県では、2014年から公的医療機関などを結ぶテレビ会議ネットワークを構築し、大学病院などの専門医がオンラインでアドバイスを行う「遠隔外来」を運用している。ネットワークの中心となっている和歌山県地域医療支援センターのセンター長を務める上野雅巳氏に、遠隔外来の運用を通して感じる、専門医による遠隔診療支援のメリットや普及に向けた課題について聞いた(文中敬称略)。


2)薄毛治療遠隔医療

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000058915.html

「クリエイティビティ×テクノロジー」の力でIP開発を行う株式会社CHET Group(本社: 東京都品川区 代表取締役CEO: 小池祐輔)は、コロナ禍で急速に拡大しているオンライン診療において、診察から決済までをすべてオンラインで完結できるAGA・薄毛治療のワンストップサービス『アフロクリニック』を2021年6月4日より開始しました。

AGA・薄毛治療は通院の難しさや、恥ずかしさ、高額な治療費から治療をためらうという患者さまの声に応えるため、オンライン診療専用サブスク(月額定額制プラン)サービスです。また、治療開始後はLINE上でいつでも相談可能です。

会社名:株式会社CHET Group

代表者:代表取締役社長CEO 小池 祐輔

所在地:東京都品川区上大崎3-14-35山手ビル2F

設立:2020年5月

TEL:03-6277-0588

FAX:03-6277-0709

URL:https://chet.co.jp/

事業内容:株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営、プラットフォーム構築・運営、IP管理・投資、企業グループ戦略


3)キッズドクター 愛知県へ

https://www.chunichi.co.jp/article/266858?rct=economics

オンライン診療を手掛けるスタートアップ「ノーススター」(東京)は、子どもが夜間や休日に体調を崩したときに健康相談に乗り、必要があれば医療につなぐアプリ「キッズドクター」のサービスを、年内にも愛知県内で本格的に提供する。新型コロナウイルスの感染拡大で病院に行くのをためらう人もいる中、判断に迷う保護者の需要を見込む。 (竹田弘毅)

https://nstr.co.jp/

会社名株式会社ノーススター / north star Co.,Ltd.所在地〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2丁目7-15 ザ・パークレックス日本橋馬喰町5F代表者代表取締役社長 田北浩大資本金9,800万円事業内容インターネットを利用した医療・ヘルスケア関連サービスの提供設立2021年1月28日主要株主三井物産株式会社、株式会社エバーセンス

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.eversense.kidsdoctor

キッズドクターは、急な子供の体調不良に「誰に相談したらよいか分からない」という今の育児の課題を、解消するために生まれたサービス。オンライン診療や自宅での往診で夜間や土日でも医師を呼ぶことができ、新しい医療のあり方を提供しています。


4)医療DXネクイノ 22.5億円資金調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000021661.html

株式会社ネクイノ(大阪市北区、代表:石井健一、以下ネクイノ)は、この度、株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:香田哲朗)を引受先とし、資金調達を実施したことをお知らせいたします。

 2020年11月から実施しているジャフコ グループをメインインベスターとするシリーズBラウンドにおける資金調達は合計で22.5億円、創業以来の累計調達額は約30億円となりました。

■株式会社ネクイノ 会社概要  医師や薬剤師、歯科医師、弁護士など、医療及び関連法規分野に知見を持つ人材が集まり、2016年6月に創業。ICTを活用したオンライン診察をはじめ、健康管理支援、未病対策など、一人ひとりのライフスタイルや健康状態に合わせて選択活用できる医療環境を生み出している。「世界中の医療空間と体験をRe▷designする」メディカルコミュニケーションカンパニーを掲げ、テクノロジーと対話の力で世の中の視点を上げ、イノベーションの社会実装を推進。2018年6月、婦人科領域に特化したオンライン診察プラットフォーム「スマルナ」をリリース。2020年にはマイナンバーカードと健康保険証をリンクさせるセキュアな個人認証システム「メディコネクト」の提供を開始。


会社名:株式会社ネクイノ(英表記:Next Innovation Inc.) 代表取締役:石井 健一 所在地:〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地1丁目13番22号 御堂筋フロンティア WeWork URL:https://nextinnovation-inc.co.jp/ 設立:2016年6月3日

スマルナ

https://smaluna.com/

 2018年6月にリリースされた、オンライン診察でピルを処方するアプリ。生理や避妊で悩む方と医師をオンライン上で直接つなぎ、ピルをお届けするほか、助産師や薬剤師が相談を受け付ける、スマルナ医療相談室を運営。これまでにAppStoreヘルスケア/フィットネス無料Appデイリーランキング1位を獲得するなど、10代〜30代の方々を中心にご利用いただいている。スマルナアプリのダウンロード数は累計50万件。(2021年4月16日時点)



7回の閲覧0件のコメント