中国に米国に地域にいろいろな遠隔医療などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。

中国の遠隔医療は、「家庭医療」と言われています。日本の家庭医療とイメージが少し違いますよね。ただ、へき地医療を支えるという点は同じですね。遠隔医療のへき地医療に関しての実践は、日本は追い抜かれた気がしますが、コロナワクチン接種の職域接種のスピードを考えるとまだまだ望みは捨てないでいたいですね。

米国遠隔医療のテラドックのシェアを狙うアマゾンケアに関する取材ニュースが遠隔医療の市場戦に関して勉強になりますね。


1)中国の遠隔医療 京東

2)精神科遠隔医療

3)地域の遠隔医療体制

4)米国遠隔医療 テラドック×アマゾンケア

5)遠隔医療ネオキャリアが関西スタートアップ12社のワクチン接種

6)電子お薬手帳・処方箋送信機能追加

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)中国の遠隔医療 京東

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/210617/mcb2106170615008-n1.htm

中国で新型コロナウイルス流行をきっかけに、オンライン診療の需要が高まっている。IT大手が、体調不良時や、慢性疾患のある人がスマートフォンで医師に相談できる「家庭医療」サービスを展開。通院の手間が省け、都市部の病院の混雑を緩和し、僻地(へきち)医療を補うと期待されている。


2)精神科遠隔医療

https://prtimes.jp/story/detail/orojEDUZlnx

自宅であなたと精神科医を繋ぐオンライン精神科サービス「WeMeet(ウィーミート)」が心の悩みに特化した音声記事配信、オンライン医療相談機能を追加しWEB版をサービス開始

■株式会社FRoots

「世界中のあらゆる医療体験をリデザインし、人類を悩みから解放する」をテーマに、精神科領域へのアクセシビリティの改善や新しい医療体験の構築し、人々の心と精神科医療の架け橋を創ります。

会社名:株式会社FRoots(フローツ)

所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目36番2号 新宿第七葉山ビル3階

代表取締役:バローチ ニールジブラン

設立:2019年7月12日

サービスURL:https://we-meet.jp/

会社URL:https://wemeet.co.jp/

公式Twitter:https://twitter.com/WeMeet_JP


3)地域の遠隔医療体制

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20210616/2020013879.html

いわゆる「休眠預金」を活用して、県北部の但馬地域の医療機関などが連携して、福祉施設での遠隔診療のシステムの整備や、患者のカルテなどの共有を目指していくことになりました。


4)米国遠隔医療 テラドック×アマゾンケア

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210616-00000003-motleyfool-world

アマゾンは、現在、遠隔医療業界でトップ企業であるテラドック・ヘルス(NYSE:TDOC)から市場シェアを奪うために多くのリソースをつぎ込んでいます。


5)遠隔医療ネオキャリアが関西スタートアップ12社のワクチン接種

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF166VV0W1A610C2000000/

新卒採用サービスのi-plug(アイプラグ)は16日、関西のスタートアップ企業11社と合同で新型コロナウイルスのワクチン接種を実施すると発表した。職場接種の申請には、医師や看護師を自ら確保する必要があるほか、1000人以上に実施する必要がある。医療系のスタートアップと連携して打ち手を確保した。

大阪市内で6月下旬にも接種を始める。スタートアップは自社で産業医を置いていないことが多い。合同接種ではオンライン診療サービスのネオキャリア(東京・新宿)などから打ち手となる医師や看護師を派遣してもらう。


6)電子お薬手帳・処方箋送信機能追加

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000033983.html

株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中尾 豊、代表取締役CEO: 中川 貴史、以下、当社)は、コミュニケーションアプリ「LINE」(以下、LINE)経由でアクセス可能なおくすり連絡帳「Pocket Musubi」(以下、Pocket Musubi)に処方せん送信機能を追加し、本日から提供開始することをお知らせします。これにより、患者さんの薬局滞在時間を短縮することで、患者満足の向上に貢献します。

  • カケハシについて

「日本の医療体験を、しなやかに」をミッションに、医療現場の課題を深く理解し、最新の技術をもって今までにない医療システムを提供することで、社内外の医療従事者と一緒により良い日本の医療の未来を形作っていくことを目指します。


<会社概要>

会社名 株式会社カケハシ

設 立 2016年3月30日

所在地 東京都中央区築地4丁目1-17 銀座大野ビル9F

U R L  https://kakehashi.life/corporate.html

  • おくすり連絡帳「Pocket Musubi」について

Pocket Musubiとは、患者さんの自宅での服薬状況からフォローすべき患者さんをスクリーニングし、薬剤師が適切なアクションを負荷なく行うことのできる、服薬期間中のフォローシステムです。


Pocket Musubiには、薬局から提供されるQRコードを介して服用薬データが入力されています。そのデータに基づく質問が自動で患者さんに送信され、回答を促します。薬剤師は、Pocket Musubiの管理画面を通じて患者さんのデータを確認しながら服薬中の状況を把握し、必要に応じて適切なフォローを行います。


患者さんと薬剤師との過剰なやり取りや極端な連絡不足を防ぎ、「必要な患者さんに」「最小限の業務負荷で」コミュニケーションを図ることで、患者満足を実現しながら現実的で継続可能な業務フローの構築を支援します。

11回の閲覧0件のコメント