【看護】遠隔看護システムでコロナ対策・仮想看護助手市場などなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

暑さも落ち着いてきたので、防護服の熱中症リスクは下がってきたのではないかと期待しますが、まだまだ天気がいろいろと変わりますね。Tele-nursingに関しては、日本国内ではずっと認知されていないものでしたが、新型コロナウイルス対策で一躍注目になりましたね。仮想看護助手市場というものがあることを今回調べてみて初めてしりました。


1)遠隔看護システムでコロナ対策

2)防護服での熱中症リスク

3)看護師不足で宿泊療養施設の稼働できず

4)仮想看護助手市場

5)フィリピン 看護師がコロナ疲弊で辞職

6)ワクチン大規模接種センター 看護師がコロナ感染 クラスターリスク?

7)看護の世界の名もなき仕事

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)遠隔看護システムでコロナ対策

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210816/k10013205801000.html

新型コロナウイルスの感染の急拡大で自宅療養者が増える中、都内の医療法人では、患者を遠隔で見守る新たなシステムを活用して対応に当たっています。

この取り組みは、東京と大阪でクリニックと訪問看護ステーションを運営する医療法人が行っているもので、先月、東京 渋谷区に立ち上げた「在宅医療管制塔センター」には24時間体制で看護師が待機しています。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210816/1000068935.html

センター内のモニターに、自宅で療養している人の体温やパルスオキシメーターで測定した血液中の酸素の値を表示するなど、患者の状態を遠隔でモニタリングすることができ、一定の数値を超えたときに自動的に知らせる機能もあります。

患者と電話やSNSで連絡を取って相談に乗るほか、症状に応じてクリニックから医師を派遣したり、ソーシャルワーカーが入院調整をしたりします。

このセンターでは心臓や呼吸器に疾患のある患者の在宅医療をサポートしていますが、新型コロナに感染した自宅療養者の増加に伴い、都内の自治体から容体を確認してほしいといった依頼が増えているということです。

この遠隔看護のシステムを活用して、自宅療養者に連絡を入れて不安を和らげたり、容体の急変に対応できるようフォローしたりしているということです。

「医療法人社団ゆみの」の弓野大理事長は「新型コロナで自宅で療養する患者は病状だけでなく精神的な不安も抱えている。地域で連携しながら管制塔を活用した看護を有効利用いただければと思う」と話していました。


2)防護服での熱中症リスク

https://news.yahoo.co.jp/byline/kuraharayu/20210816-00252190

真夏のコロナ病棟で問題になるのが、暑さです。冷房をかければいいじゃないと思う人もいるかもしれませんが、低めに温度設定しても暑いのです。

その理由が感染対策用の「個人防護具」です。白衣などの上からビニール製の長袖エプロンを着ている施設が多いのですが、通気性がほとんどなくて、ビニールの内側にべっとりと汗がくっついてしまうのです。


3)看護師不足で宿泊療養施設の稼働できず

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210816/k10013206531000.html

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大するなか、東京都が用意したホテルなどの宿泊療養施設の利用は進んでいません。

15日現在で、宿泊療養をしている人は1525人で受け入れ可能な人数の3210人の、半分程度にとどまっています。 体制がひっ迫する医療機関やワクチンの接種会場に派遣される看護師の需要が増えて、宿泊療養施設で健康チェックなどを担う看護師を十分、確保できないことが理由です。


4)仮想看護助手市場

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001615.000059861.html

Research Nester Private Limitedは調査レポート「仮想看護助手市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2021年08月 16日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-2930


5)フィリピン 看護師がコロナ疲弊で辞職

https://news.yahoo.co.jp/articles/6969d380aee666bba5e04f9ad65611a3c804e1a9

フィリピンでは最近 1万人以上の新型コロナウイルスによる一日の新規感染者が続出している中、医療業務に疲れた看護師たちが続々と病院を去っている。


6)ワクチン大規模接種センター 看護師がコロナ感染 クラスターリスク?

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4339164.htm?1629262579174

防衛省は、東京・大手町の新型コロナワクチン・大規模接種センターで看護師業務に従事していた自衛隊員が新型コロナに感染したと発表しました。センターの医療従事者では初めての感染確認となります。


7)看護の世界の名もなき仕事

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/anursing/kobayashi/202108/571436.html

最近、テレビなどのメディアで「名もなき家事」が取り上げられ、看護界でも「名もなき仕事」があると指摘されていることを知りました。昭和天皇が侍従の方に向けて話されたというお言葉「雑草という草はない。どの草にも名前はあるのです」をふと思い出し、看護師のどの仕事にも名前があってしかるべきなのではないかしらと考えました。ただ、看護師の名もなき仕事は「すぐにでも一つひとつ名前を付けてほしいもの」と「簡単には名前を付けてほしくないもの」の2パターンに分かれるのではないかと私は思うのです。

9回の閲覧0件のコメント