• Kosuke Tsubota

和歌山日赤内に別大学が設立


感護師つぼの看護ニュース、よろしくお願いいたします。


恥ずかしながらウイグル人権法に関して活動している看護師さんがいらっしゃることを知りませんでした。自分だったら、外部干渉になるからと法律を制定する発想もなかったので、活動を実施して、直接5万人の声を集めた方の活動が私にとってのイノベーションでした。ウイグル人のために5万人の署名が集められるのだから、他の日本国内での新型コロナウイルスでの困っていることにも、何か出来る気がしてきます。

また、和歌山の日赤施設内で、東京医療保険大学の看護学部が設置されるなど、日赤グループに看護大学があるのに、他の大学と一緒に新しいことを実践されていることにびっくりしました。


1)新型コロナウイルスをみる訪問看護

2)兵庫県の看護師要請

3)訪問看護の入院できない現実

4)高齢者ワクチン接種 看護協会に協力要請へ

5)「ウイグル人権法」成立の看護師の活動

6)東京医療保健大学 和歌山看護実践研究センターを設置

7)乳がん乗り越えた看護師


オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。

1)新型コロナウイルスをみる訪問看護

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/miwa/202104/570085.html

神戸市で訪問看護師として活動している藤田愛さんが、コロナ患者の危機的な現状をSNSで発信しています。以下にその文章を紹介します。「コロナ患者の訪問は(のべ)100件を超えただろうか」と振り返る藤田さんは、全員入院がかなわぬ中での訪問看護の現実を知ってほしいと訴えています。


2)兵庫県の看護師要請

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210428/k10013003541000.html

新型コロナウイルスの感染が拡大している兵庫県で病床がひっ迫し、国が県からおよそ140人の看護師を派遣するよう要請を受けて、調整に入ったことが分かりました。

兵庫県では28日、1日の感染者としてはこれまでで2番目に多い600人の感染が確認されるなど、新型コロナウイルスの感染が急速に広がっています。


3)訪問看護の入院できない現実

https://news.yahoo.co.jp/articles/a5c89f905cc9910a2bda3d4d6ba53d863d4dc8f6

新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るい、入院したくても入院できない患者が多くいます。兵庫県は今月5日から24日まで「まん延防止等重点措置」が適用され、25日からは緊急事態宣言が発令されていますが、残念ながら増加に歯止めがかかっていない状況です。しかし、私たちは、重症も入院できない人がいると言われても、どこか他人ごとのように思っているのではないでしょうか。神戸市の訪問看護師・藤田愛さんに、在宅療養現場の状況を伺いました。


4)高齢者ワクチン接種 看護協会に協力要請へ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210429/k10013004331000.html

新型コロナウイルスの高齢者向けのワクチン接種について、総務省の調査で、自治体側から医師不足などを理由に「7月末までに終えることは難しい」という声が多く寄せられていることを踏まえ、菅総理大臣は30日、日本医師会や日本看護協会に協力を要請することにしています。


5)「ウイグル人権法」成立の看護師の活動

https://news.yahoo.co.jp/articles/7798c13a9835791e7b766ab131a5e44c1540f891

中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区で人権弾圧に関与した当局者に制裁を科す日本版「ウイグル人権法」(制裁法)の成立を求め、福岡県の看護師が28日、約5万人が署名した請願書を衆参両院に届けた。 【写真】ウイグル人収容施設の様子  署名を集めたのは、看護師の今橋留美さん。報道などで知ったウイグル自治区の人権侵害状況に心を痛め、昨年8月末から街頭活動や会員制交流サイト(SNS)を通じて、人権法に賛同する署名を集めた。  今橋さんは「日本はウイグル人を見捨てないとの思いを込めた。署名が菅義偉(すが・よしひで)首相の背中を押すものになってくれたらと願っている」と語った。


6)東京医療保健大学 和歌山看護実践研究センター設置

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000086.000032781.html

学校法人 青葉学園が運営する東京医療保健大学(本部:東京都品川区、理事長:田村哲夫、学長:亀山周二、以下「本学」)は、2021年4月に「和歌山看護実践研究センター」を設置しました。4月17日(土)には、日赤和歌山医療センターキャンパスにおいて開設記念特別講演を開催しました。


7)乳がん乗り越えた看護師

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad8497d0bec147cfbcee0820bdbc7a8ad411fa13?seika2020

東京オリンピック聖火リレーが27日、鹿児島県内で始まった。28日は出水市をスタートし、指宿市でゴールする。

 「がんと闘う人を勇気づけたい」。志布志市の看護師、安川明美さん(52)は自らが経験した闘病生活で抱いた思いを伝えようと、地元を駆けた。

24回の閲覧0件のコメント