【看護】動物看護師国家資格化による変化・コロナワクチンしておけば後悔ニュースなどなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

2番目:アメリカのニュースですが、コロナウイルスに感染した後に挿管されるタイミングにコロナワクチンを希望する。コロナワクチンを打っておけばよかったという後悔に関するニュースは、インパクトありますね

3番目:とうとう来年ですね。動物看護師が国家資格化する国家試験!国家試験対策予備校ビジネスがスタートしたり、動物看護師の働き方に関してのニュースが出てきたり、いろいろと変化が出てきましたね。

4番目:看護師の知識に関することで、軽視されていたり、逆に難しいものととらえられてしまっていたり、いろいろと考えさせられます。


1)看護必要度システム

2)コロナ入院後にワクチン希望 遅いよ!!

3)動物看護師 国家資格化での変化

4)看護師の知識

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)看護必要度システム

https://www.sankeibiz.jp/business/news/210730/prl2107301117042-n1.htm

株式会社千早ティー・スリー(本社:東京都豊島区、代表取締役:谷口 仁志)は、「看護必要度の広場」をリニューアルし、自社開発の看護必要度に係る2種類のシステム、「カンゴルー」と「グリーンコアラ」の評価版を、自由にダウンロードして試すことができるようにしました。


2)コロナ入院後にワクチン希望 遅いよ!!

https://news.yahoo.co.jp/articles/baf68a16d09f8c6c6b3bd04b2615b577a512718e

(CNN) 米国で新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」の流行が入院患者数を押し上げている。医療関係者からは、ワクチン未接種で入院する患者から後悔の声を聞くケースがあるとの話が寄せられている。


3)動物看護師 国家資格化での変化

https://www.atpress.ne.jp/news/268465

株式会社ベックジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:金井 孝夫)は、株式会社Life&Tail(本社:東京都港区、代表取締役:山口 大祐)と森久保薬品株式会社(本社:神奈川県厚木市、代表取締役:森久保 貴彦)と2021年6月末日に業務基本提携契約を締結し、2023年に実施予定とされる第1回 愛玩動物看護師国家試験の対策に特化したWEBスクールを2021年9月より開講いたします。

https://maidonanews.jp/article/14405933

動物看護師は、2022(令和4)年から「愛玩動物看護師法」に基づく国家資格になることが決まっているが、今はまだ民間資格。そのためなのか、業務範囲にはグレーな部分が多いという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/af260bdb05c07f58ab8a75cb939e3371c736fc3b

入院動物の世話、手術助手、麻酔管理、薬の用意、服薬指導、栄養指導、歯磨き指導、しつけなどはどこの動物病院でもほぼ共通しているが、小さな病院だと受付や事務のほか清掃作業まで行う。これだけ幅広い業務をこなす動物看護師だが、病気の診断だけは必ず獣医師でなければならない。


4)看護師の知識

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e9560436f8845aef18bafe8d74e7c5a8a259155

老年看護のプロフェッショナルとして、83歳の現在も教壇に立ち続けている小池妙子さん。週1回、東京の自宅から横浜の看護専門学校まで電車で通い、90分の講義中は立ちっぱなしだ。79歳で初期乳がんの切除手術を受けたものの短期間で復帰した。

https://www.jprime.jp/articles/-/21504

人は、1分間に平均15回、1日に約2万回以上、一生では6億回から7億回の呼吸をする。これが、加齢によって、機能が衰えるのだ。

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210803/7000037098.html

【熱中症に備える】

特に高齢者や子どもは、熱中症に十分注意してください。

また、体調の悪い人、肥満の人、暑さに慣れていない人も熱中症への注意が必要です。

不要不急の外出は避けましょう。

どうしても外出する場合は、なるべく涼しい服装のうえ、帽子や日傘で直射日光を避けてください。こまめに水分補給ができるように水筒なども持ち歩きましょう。

知らないうちに汗をかいていることも多く、のどが乾いていなくてもこまめに水分を補給してください。

人との十分な距離を確保できる場合には、定期的にマスクを外すことも有効です。

屋外での農作業は、無理をせず、合間合間に休みをしっかりとるようにしてください。

エアコンなどが設置されていない屋内外での運動は、原則として中止または延期してください。運動する場合は、医師や看護師を配置するといった対策をとるほか、水分補給はのどが渇く前に、時間を決めるなどしてこまめに行うことが重要です。

https://www.sannichi.co.jp/article/2021/08/04/80352026

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ac9e9989d36a39749cbbe32803c4a248d1b2af1

山本さんは、自分たち夫婦が自宅を手放して両親と同居したこと、とくに妻は長年勤務してきた病院を辞めて父親の介護に尽くしたことから、自宅は自分が相続するのが当然だという考えをもっていました。それだけでなく、父親の介護をしてきた妻に対し、母親や弟、妹からは、感謝とねぎらいの言葉が出るものと思っていたのです。 ところが、現実は山本さんの想像とまったく違いました。 弟と妹はねぎらいどころか、両親が暮らしていた家の土地と建物にも自分たちの権利があると、切り口上で主張をはじめました。山本さんが独り占めするのはおかしいというのです。山本さんが期待した妻への感謝などみじんもなく、話し合いは紛糾。おしまいには全員が怒鳴り合う修羅場と化したのです。

https://www.47news.jp/localnews/6605935.html

日本慢性看護学会の第15回学術集会(会長・古賀明美佐賀大医学部看護学科教授)が、8月28日から9月17日までウェブ開催される。講演やシンポジウムを通じて、慢性病の人が尊重される看護について考えを深め ...




14回の閲覧0件のコメント