ウォルマートのオンライン診療などなど

喜業家つぼのヘルスケアNews、本日もよろしくお願いいたします。


ウォルマートがオンライン診療の会社を買収しました。ということは、日本では西友でオンライン診療のサービスが受けられるようになっていくかもしれませんね

KDDIとmICIN、DoCoMoとメドレー、SoftbankとLINEドクターでオンライン診療三国志になるかと思いきや、全く天下三分されず、戦国時代ですね


1)ウォルマートヘルスのオンライン診療参入

2)マツキヨ オンライン医療参入 3)KDDIのオンライン診療 MICIN

4)MICINのオンライン診療の工夫

5)オンライン診療の便利さ

6)オンライン診療の体制遅れ

7)オンライン診療導入 高校生のサポート

8)オンライン診療最適支払い方法

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)ウォルマートヘルスのオンライン診療参入

https://blogos.com/article/534919/

■ウォルマートは6日、同社傘下で医療サービスを提供するウォルマート・ヘルスが遠隔医療サービスを手掛ける「ミーMD(MeMD)」を買収したことを発表した。


2)マツキヨ オンライン医療参入

https://www.ryutsuu.biz/strategy/n050740.html

マツモトキヨシホールディングスは5月から、「特定保健指導実施機関」として社内管理栄養士による特定保健指導を新たに開始した。

保健指導に伴い、マツモトキヨシグループ健康保険組合は、被保険者に対し、オムロンヘルスケア、テレメディーズと連携し、3社によるデジタルデバイスを活用した取り組みを実施する。

3)KDDIのオンライン診療 MICIN

https://www.weeklybcn.com/journal/news/detail/20210502_181705.html

 KDDIは4月27日、MICIN(マイシン)と協業し、オンライン診療サービス「curon(クロン)for KDDI」を5月下旬から提供すると発表した。

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1322394.html

 「curon for KDDI」は「auウェルネス」からシームレスに利用できるオンライン診療サービス。オンライン診療の予約や受診、決済、処方せんなどの送付手続きまでをスマートフォン上で完結できる。同サービスには約5000の医療機関が登録されており、全都道府県で利用可能。

https://medit.tech/kddi-micin-telemedicine-app-2021may/

https://www.gapsis.jp/2021/05/curon-for-kddi-press.html

オンライン診療サービスには移動負担や新型コロナウイルス感染のリスク軽減などのメリットがある。もちろんリモートでの診療となるため、触診など対面でなければできない診療は不可能だが、緊急性のある症例でなければリモート診療で問題がない事例も多いはずなので、オンライン診療サービスの普及拡大と選択肢の増加は良いニュースだ。


4)MICINのオンライン診療の工夫

https://ascii.jp/elem/000/004/054/4054235/

2021年4月26日、12回目を迎えるX-Tech JAWSがオンラインで開催された。今回も業界を変革するさまざまなプレイヤーが登壇したが、まずは冒頭のAWS Startup Communitiyの紹介とメディカルスタートアップであるMICINのセッションをお届けしよう。


5)オンライン診療の便利さ

https://news.yahoo.co.jp/articles/e1ac79b644be81419173054418a478257ef3a85d

新型コロナのまん延で感染を恐れ、病院に行かなければならないのに躊躇(ちゅうちょ)している人が増えているようだ。そんな状況の中、注目を集めているのがオンライン診療だ。どのように受診したらいいのか。56歳の本誌記者が初めて体験してみた。

https://dot.asahi.com/wa/2021050600023.html

オンライン診療の予約をした日、自宅でスマートフォンを構えて待つと時間どおりに先生が画面に現れ、こちらに話しかけてきた。病院内の様子が背景に写り、まるで診察室に呼ばれたようだ。さっそく診察が始まった。自分の症状を伝えると、「血圧はかなり高めですね」と診断。生活で気をつけること、今後どうしたらよいのかなどの治療方針を聞いた。最後に、


6)オンライン診療の体制遅れ

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA012TN0R00C21A5000000/

新型コロナウイルス下で、初診も含めたオンライン診療が昨年4月に時限措置として全面解禁され、1年が経過した。新たな選択肢として好評だが、医療機関の対応は鈍い。利点を生かし、適切な治療につなげるには対面との使い分けも重要だ。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO71704930Q1A510C2TCC000/

「保健所に連絡がつかなかった頃、医師にオンライン診療で相談でき、心強かった」

都内の会社員、牧野誠さんは昨年4月の出来事を振り返る。同僚にコロナ感染の疑いが判明し、自身も37.5...


7)オンライン診療導入 高校生のサポート

https://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/202105/0014317853.shtml

兵庫県赤穂市に住む上郡高校の2年生3人がこのほど赤穂市役所を訪れ、牟礼正稔市長らに地域活性化策を提言した。医療機関が中心部に集中していることを市の課題に挙げ、オンライン医療診断の導入や、バスやタクシー業者との協力などを提案した。


8)オンライン診療最適支払い方法

https://ecnomikata.com/blog/30269/

オンライン診療では患者が病院に来なくとも診療ができるため、院内の混雑緩和につながり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)やインフルエンザといった感染症の院内感染のリスクを抑えることができます。また、オンライン診療は予約制であることが多く、診察スケジュールの管理がしやすい点もメリットです。さらに、患者が通院する負担を軽減できるため継続受診率の向上が見込めることや、在宅診療に効率的に対応できるという利点もあります。

78回の閲覧0件のコメント