【看護】感染症戦争:ワクチン反対派看護師食塩水に入れ替え8000人?・従軍看護師などなど

ごきげんさまです。感護師つぼです。

感護師つぼの看護ニュース何卒よろしくお願いいたします。

76年前の従軍された看護師さんのニュースと、コロナ対策で沖縄に派遣される看護官や看護師の方々のニュースが同時に起きると改めて現在が感染症戦争中であることがわかりますね。そして、このワクチンの中身を入れ替える事件は、ドイツで広がるワクチン反対派運動の過激な事例で、今後看護師の身元確認なども必要になってくるのかと思うと本当に何を信じればいいのかわからない感染症戦争であると考えさせられます。


1)看護師が8000人ワクチンの代わりに食塩水

2)従軍看護師

3)沖縄へ看護師派遣

4)コロナ医療最前線

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)看護師が8000人ワクチンの代わりに食塩水

https://www.bbc.com/japanese/58196484

ドイツ北西部で、看護師が新型コロナウイルスのワクチンの代わりに食塩水を住民に投与した疑いが出ている。当局は、8000人以上の住民に対し、ワクチンの再接種を呼びかけている。


2)従軍看護師

https://mainichi.jp/articles/20210813/ddl/k05/040/087000c

日本赤十字社看護師同方会の県支部は、終戦記念日を前に秋田市の日赤秋田看護大で殉職した従軍看護師の遺影や赤十字救護員記念像の清掃を行った。2015年から続けており、今年は9人の会員らが参加。当時に思いをはせながら清掃活動に取り組んだ。

https://www.chunichi.co.jp/article/310071

終戦翌月の一九四五年九月、従軍看護婦だった愛知県常滑市小倉町の竹内みつ子さん(93)は日本の病院船にいた。向かった先は南方の島々。帰還する傷病兵を看護するためだった。あれから七十六年。もだえ苦しむ傷病兵に寄り添う凄惨(せいさん)な日々を過ごした仲間が次々に他界する中、長男の龍夫さん(66)がその体験談をまとめ、次代に残そうとしている。戦争を繰り返さないために。


3)沖縄へ看護師派遣

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/722787

佐賀県などは12日、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な沖縄県に、佐賀県医療センター好生館(佐賀市)が看護師2人を派遣すると発表した。九州・山口各県の災害時応援協定に基づく対応となる。


4)コロナ医療最前線

http://healthpress.jp/2021/08/post-4060.html

肺炎などの症状のある中等症の新型コロナウイルス患者に関し、自宅療養とする、という政府発表に、社会が大きく揺れた。その後、与党内からも批判がでて酸素投与を必要とする中等症患者は入院と、また方針を転換した。政権が、与党が何を決めようが実際に現場では中等症はおろか重症の患者さんさえ、スムーズに入院させてあげることが出来ない。現実と、政策発表との間の乖離にまさに片腹痛しとはこのことである。政治家はまず現場を、と切に言いたい。

https://www.news24.jp/articles/2021/08/13/07922731.html

https://news.yahoo.co.jp/articles/64f8d12e819fd45213fb28a6cf0829bcf670c709

東京都医師会尾崎治夫会長は13日、都内で緊急記者会見を開き、「すでにいろいろな報道で分科会の先生方、モニタリング会議等で日本は災害級の状態になっている、一人ひとりが身の危険を感じて守っていかないといけないレベルに入っているという話になっています。1万8000人の感染者が出るということは、決して日本は国民や都民の努力で自粛して感染が抑えられている国だとは言えない状態」と危機感をあらわにした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0c6976d0e3c400455b1904d3535dbed6b3915d8c

大阪府は13日、新型コロナウイルス患者が急増し、病床などが逼迫(ひっぱく)してきた状況を踏まえ、感染拡大時の新たな対応方針を発表した。65歳以上は無症状でも原則入院とする現行基準を見直し、中等症以上か、軽症でも重症化リスクがある患者に絞る。入院の必要がない患者を対象としてきた宿泊療養も原則40歳以上に変更。早期治療で容体が安定した入院患者は宿泊療養に切り替え、病床の効率的な運用を図る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/33bb91e606a247ee8e87b4bc3f3c9e42d366742a

新型コロナウイルス感染者急増を受け、東京都世田谷区など6自治体の首長が12日、都庁で記者会見し、東京など感染拡大地域にワクチン供給を集中させることを求める緊急提言を発表した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081300991&g=soc

東京都医師会は13日の記者会見で、新型コロナウイルスに感染した自宅療養者への対応を強化するため、都内全域でオンライン診療や24時間の見守り体制を導入すると発表した。都内では12日時点で自宅療養者が2万人を超え、保健所の業務が逼迫(ひっぱく)していることを踏まえた。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210813/k10013200121000.html

新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受けて東京都医師会が緊急の会見を開き、地域の保健所や医療機関が深刻な機能不全に陥っているとして、改めて感染対策の徹底を呼びかけるとともに、オンラインを活用した新たな診療システムを導入することを明らかにしました。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210813-OYT1T50278/

新型コロナウイルス感染者の急増を受け、東京都医師会は13日、緊急の記者会見を開き、夜間帯のオンライン診療体制を整備するなど、自宅療養者の支援策を発表した。尾崎治夫会長は「日本の感染拡大は災害級の状態だ。危機感を持って対処していきたい」と厳しい口調で話した。

29回の閲覧0件のコメント