【資金調達】高級時計マーケットプレイス1億ユーロ・絵文字パスワードのバンクガードなどなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼの資金調達ニュース何卒よろしくお願いいたします。

高級時計マーケットプレイスのクロノ24が1億ユーロの調達しましたね!ここのすごいところって、高級時計を購入する顧客層をしっかりと抑えていることですよね。ここの顧客層へのサービスを拡充していくことで、どこまでも成長していきそうです!


1)高級時計マーケットプレイス 1億ユーロ調達

2)オンライン掲示板サイト レディット 7億ドル調達

3)絵文字パスワード バンクガード 調達

4)自動運転ポニーエーアイ 評価額80億ドル

5)出版クラファン EXODUS 新たな調達方法

6)10分で5000万円の調達 株式会社NGA

7)世界最大 女性向け起業コンペ

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)高級時計マーケットプレイス 1億ユーロ調達

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000055849.html

世界最大級の高級時計専門マーケットプレイスを展開する「Chrono24(クロノ24)」 (本社: ドイツ・カールスルーエ、創設者兼CEO: ティム・シュトラッケ)は、General Atlantic社(本社:アメリカ)、 Aglaé Ventures社(本社:フランス)、そして既に投資を受けていたInsight Partners社(本社:アメリカ)とSprints Capital社(本社:イギリス)より、合計1億ユーロ(約129億7,600万円※)を超える資金調達を実施したことを発表しました。この度の資金調達により、これまでの調達額と合わせてChrono24の累計調達額は2億ユーロ(約259億5,200万円※)を超えました。 ※8月11日付の換算

「Chrono24」とは

「Chrono24」は業界をリードする世界最大の高級時計専門オンラインマーケットプレイスです。およそ50万点の時計が出品され、100カ国以上から3,000以上の販売業者、並びに3万人以上の個人販売者により運営されており、サイト訪問者数は毎月約900万人(2020年12月現在)。2020年、Chrono24は約20億ユーロの取引高を達成しました。世界最大規模のプラットフォームであるChrono24は、新品からヴィンテージまで網羅した時計のラインナップを抱え、信頼のおける環境での取引を可能とし、全ての時計好きの“Home”になることを目指しています。 購入者と販売者の双方が安全な環境の下で売買を行えるように、国境を超えたサポートチームが日本語を含む16言語対応でメールと電話のサポートを提供しています。 時計にまつわる世界のトレンドをタイムリーに発信中! 「Chrono24マガジン」トップページ:https://www.chrono24.jp/magazine/ Chrono24 日本公式Instagram: https://www.instagram.com/chrono24.japan Chrono24 日本公式Facebook: https://www.facebook.com/chrono24.japan


2)オンライン掲示板サイト レディット 7億ドル調達

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-08-12/QXQ4WPT0AFB901

オンライン掲示板型のウェブサイトを運営する米レディットは新たな資金調達を進めている。調達後は同社の企業評価額が100億ドル(約1兆1000億円)と、半年前から大幅に増加することになる。


3)絵文字パスワード バンクガード 調達

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC0832A0Y1A800C2000000/

サイバー攻撃対策スタートアップのバンクガード(兵庫県南あわじ市)はパソナグループから資金調達した。調達額は非公表。パソナと組むことで独自の2段階認証システムの金融機関などへの営業を広げる。


4)自動運転ポニーエーアイ 評価額80億ドル

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-08-12/QXPTS8T0AFB401

自動運転技術を手掛ける中国のスタートアップ、小馬智行(ポニー・エーアイ)が新たな資金調達を検討しており、同社の企業価値が80億ドル(約8830億円)以上と評価される可能性もある。事情に詳しい関係者が明らかにした。


5)出版クラファン EXODUS 新たな調達方法

https://media-innovation.jp/2021/08/12/exodus-begins-to-handle-new-fundraising-methods/

株式会社エクソダス(2021年秋頃 株式会社CAMPFIREに事業移管)が運営する出版クラウドファンディング「EXODUS」が、新たな資金調達方法として「All-in方式」「コミュニティ方式」への対応を正式に開始したと発表しました。あわせて、書籍出版を予定している出版社・編集者・作家の公募も開始しました。


6)10分で5000万円の調達 株式会社NGA

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000003.000083628&g=prt

次世代アプリで社会の非効率解消を目指す株式会社NGA(本社:東京都港区、CEO:王沁、以下NGA)は、9名の一流経営者からエンジェルラウンドでの資金調達を実施したことをお知らせいたします。今回の資金調達によって、優秀な人材をさらに増やし、アプリのローンチを加速させる予定です。


7)世界最大 女性向け起業コンペ

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd2e163c61359b81ed154421ddef385df0a54f59

シンガポール発女性IT起業家向けの大規模な国際コンペ「She Loves Tech(シー・ラブズ・テック)」が今秋開催される。7回目となる今年、初めて日本でその予選会が行われ、日本から多くの参加者が見込まれる。過去に参加した起業家は、これまでに総額1.5億ドル(165億円)の資金調達に成功しているという。「女性なしには、世界の大きな問題は解決できない」というミッションを掲げ、女性の起業家育成をコンペ、国際会議、教育の3つの柱で行っている。

9回の閲覧0件のコメント