• Kosuke Tsubota

中国のスマート介護・カナダやフィリピンの遠隔医療などなど

ごきげんさまです。喜業家つぼです。

喜業家つぼのヘルスケアニュース何卒よろしくお願いいたします。中国の遠隔介護サービススマート介護サービスや、遠隔外科手術指導、フィリピンの通信大手が力を入れる遠隔医療に、カナダ発のカンバセーションヘルスの日本を含めたアジア戦略。遠隔医療の時代になると海外の動きもしっかりとみないとですね。


1)スマート介護サービス交流会

2)遠隔外科手術指導

3)フィリピンの遠隔医療

4)カナダ発 患者ー医療コミュニケーションベンチャー

5)オンライン完結薄毛治療

6)宿泊療養の現況

7)フェムテック

オンラインサークル喜業義塾

オンラインサークルでニュースをディスカッションしましょう♪

Twitter

取り上げなかったニュースも呟いています。

※下記ニュース概要は引用です。

音声で聴く stand.fm

stand.fmで音声配信しています。


1)スマート介護サービス交流会

https://www.jetro.go.jp/biznews/2021/06/993c90108a6c3c9f.html

中国・湖北省武漢市で5月28日、第8回中国国際高齢者産業博覧会組織委員会(注)などが主催する「『インターネット+』イノベーション介護サービス交流会」が開催された。中国国際貿易促進委員会(CCPIT)武漢市分会や湖北省養老機構協会、武漢市養老サービス業協会をはじめ、企業や医療・介護施設の関係者など約140人が参加した。


2)遠隔外科手術指導

https://www.afpbb.com/articles/-/3349576

 近年、クラウドコンピューティングや人工知能技術は、遠隔医療をより正確で安全なものにしています。中国東部、江蘇省(Jiangsu)常州市(Changshu)にある国家健康医療ビッグデータ(東部)センターでは、骨科の専門家が5Gネットワークを通じて脊柱管外科手術を指導しました。相手側は10キロ離れた常州市第一人民病院の手術室です。クラウドコンピューティングとデジタル技術を通じて、手術の場面が1対1の大きさでビッグデータセンターの手術室に「複製」されます。特殊な視覚機器を身につけた専門家が、まるで現場にいるようにリアルタイムで手術を指導し、ねじの位置や深さを正確に把握し、患者の腰部脊柱管狭窄の問題を解決しました。


3)フィリピンの遠隔医療

https://www.nna.jp/news/show/2162706

フィリピンの通信大手2社が、次世代通信規格である第5世代(5G)移動通信システムへの投資を加速している。政府が通信事業者の新規参入を推進したのを背景に、両社とも今年は設備投資を増やし基地局増設などを進めることで競争力を高める狙い。携帯電話の利用者のほか、先端工…


4)カナダ発 患者ー医療コミュニケーションベンチャー

https://prtimes.jp/story/detail/qx9mRRhQ32x

トロント/ カナダに本社を置くカンバセーションヘルス (https://www.conversationhealth.jp/)は今年で4年目を迎える比較的新しい企業です。医療業界に特化した対話型AIソリューションを提供する弊社にとって、大手製薬会社様が数多く存在する日本への進出、そして、今後人口増加と共に経済成長活性が期待されるAPACでのビジネス展開は、グローバル進出を目指す弊社にとって重要な戦略のひとつであり、昨年は日本進出を成功させた記念すべき一年となりました。また、今年はAPAC マネジング ダイレクターとして久保恵一を迎え、より一層APAC市場での成長を図っていきます。

会社名:カンバセーション ヘルス

代表:ジョン リーブズ

事業内容:製薬業界向け対話型AIの開発・導入支援・対話型AI戦略コンサルティング

公式サイト:https://www.conversationhealth.jp

Twitter: https://twitter.com/convoHEALTH_JP

LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/カンバセーションヘルス

note: https://note.com/convohealth_jp


5)オンライン完結薄毛治療

https://www.work-master.net/2021221628

CHET Groupは、診察から決済までをすべてオンラインで完結できるAGA・薄毛治療のワンストップサービス「アフロクリニック」を6月4日より開始した。

薄毛治療は恥ずかしさなどから治療に踏み切れない人が多い中、今や男性の「3人に1人」が薄毛に悩んでいると言われている。そこで、同クリニックでは、来院不要で24時間いつでもどこからでも相談可能な、医師とのマンツーマン治療によるオンライン診療サービス「アフロクリニック」を開始した。月額料金は9800円(税込)。


6)宿泊療養の現況

https://news.yahoo.co.jp/articles/443832cbef56ad1d7b41b2b0b6c37fe3cc3d29e3

新型コロナウイルスに感染した人で無症状や軽症の人の多くが、ホテル療養を利用することになります。現在、県内にある宿泊療養ホテルは12カ所。ここに看護師はいますが、常駐の医師はいません。医師たちはどうかかわっているのか現場を取材しました。

https://mainichi.jp/articles/20210605/ddl/k14/040/105000c

県は4日、新型コロナウイルスの軽症・無症状者用の宿泊療養施設に滞在していた60代の女性患者が死亡したと発表した。死因は新型コロナ感染による肺炎で、3日夜から4日朝にかけて容体が急変したとみられる。

 県によると、4日朝に施設のスタッフが女性の部屋に計5回電話をしたが応答がなく、午前8時40分ごろに部屋を訪ねた看護師らがベッドの…

7)フェムテック

https://www.sankei.com/article/20210605-SWPC6VREGNMRPBUIOYCDZLYYVA/

れも女性解放の機運なのだろうか⁉ 生理や妊娠、更年期障害など、生物としての女性(フィーメイル)特有の健康課題や不便さを技術(テクノロジー)で解決することを目指す「フェムテック」が注目されている。大っぴらに語ることがはばかられていたテーマだが、有名百貨店がフェムテック催事を開くなどで注目度がアップ。予備軍(子供)を含めたターゲットは単純に人口の半数に及び、マーケットとしてのポテンシャルも大きい。

6回の閲覧0件のコメント